So-net無料ブログ作成
検索選択
go Niigata ブログトップ
前の10件 | -

2017-06-11 新潟県 柏崎 アジング  [go Niigata]

2017-06-11(日) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温14→18℃、水温?℃(3:30~7:00、17:30~19:00)

2017-06-10 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-06-10(土) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温16℃、水温?℃(3:30~6:00、17:30~20:00)

2017-06-04 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-06-04(日) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温16℃、水温?℃(16:40~19:00)

今日も濁ってます。
DSC_0747s.jpg

なので、全然バイトが有りません・・・。

なので、足元のテトラと砂地の際を、CQCでタイトに攻めます。

すると、Fish!
DSC_0748s.jpg

もう1匹、Fish!
DSC_0749s.jpg

アジ居ません!

本日の結果、ヒラメ16cm1匹、トラハゼ15cm1匹。

濁ると、アジは駄目みたいです。



2017-06-03 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-06-03(土) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温16℃、水温?℃(17:00~19:30)

いつもの場所で、定点観察してみます。
DSC_0745s.jpg

結構荒れ美味で、遠くの防波堤は、波が越えてくるぐらいのうねりがあります。

なので、シャローなこの場所も、うねりの影響で底砂舞い上がって濁ってます。

居れば喰って組みますが、全くバイトが有りません。

何やっても駄目で、結局藻かバイトか判らない当たりが1回のみ・・・・。

このままでは、ボーズなので、波の無い場所に移動してネチネチやっていると、
DSC_0746s.jpg

無事、釣れました。

本日の結果、メバル12cm、1匹。

濁ってっても、目の前にワームを運ぶと喰ってくるばずなのですが、何やってもだめたので、違う場所に溜まっていて、回遊も無かった様です。

26匹釣った日に、1回藻の手前でファイトしていたら、急にロッドが重くなり巻き上げると、藻の水面の所に来て、40cmオーバーのシーバスが暴れまわって、アジ奪われました。

濁ると、シーバスがうろうろするので、アジは逃げたのでしょう。たぶん。



2017-05-29 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-05-29(月) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温18℃、水温?℃(18:50~19:30)


会社終わってから、行ってみます。
DSC_0737s.jpg

時間がないので、一番近いサーフです。

どシャローなので、やはり溜まってません。

大き目のワームで、リブが合って波動で寄せるパターンです。

どシャローなので、レンジ気にせず、適当にリトリーブしていると、バイト!

結構、ゴンッみたいな喰い方です。

結構引きます。アジの引きです。
DSC_0738s.jpg

自分的には、まあまあ。

回遊性の待ちパターンなので、ひたすらリトリーブしていると、バイト!

これも結構引きます。
DSC_0739s.jpg

暗くなると、全くバイトなくなるので、本日終了。

本日の結果、アジ23cm2匹。

短時間で釣れてよかったです。

ヒットした所は、水深2mない底見えている所です。

TFL-63Sは、バットがへたって、昔ほどのパッツン感が有りません。

なので、魚があまり暴れません。

噂では、バリバスバージョンは、あまりパッツンじゃない様です。

ティクトのCQCもいいですが、もうちょっと長いのも欲しい所です。

2017-05-28 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-05-28(日) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温18℃、水温?℃(17:15~19:45)

藻がいっぱいあるので、タックル変えました。
DSC_0731s.jpg

久々のTFL-63Sです。バリバスの復刻版?ではなく、元祖UMFウエダ製の古いのです。

これにリールはコンプレックスのPE0.3にして、Mキャロにしてます。

まだまだ明るいですが、バイトが有ります。

が、乗らないのでリトリーブスピード上げて、広範囲に攻めるとヒット!
DSC_0732s.jpg

ほぼリアクションですね。

この後、ある位置のボトム付近でフォールするとバイトが頻発する事を発見!

写真撮らずに、ひたすら掛けて行きます。

が、ボトムで喰ってくるので、手前の藻の下の方だと、ほぼ藻に突っ込まれます。

また、小さいワームではなく、ボリュームがあって、リブが有るのが、波動が合っているみたい。

ので、シッポにかぶられて、フッキングしないバイトも多数。

でも、ワーム小さくするとバイト減るという、難儀なパターン。

ので、超タキオンフッキングではなく、ワンテンポ遅らせます。

なので、上あごに掛らず、口横に掛ると藻の抵抗で外れます。

明るい内からぽつぽつ釣れて、暗くなってくるとラッシュ!!

完全に日が沈むと、ピタリと当たりが止みます。

本日の結果、アジ16~22cm26匹。
DSC_0733s.jpg

2匹は、上げてから脱走しました。

今回は、キープして美味しくアジフライで頂きました。
DSC_0735s.jpg

家帰ってから、シャワー浴びてさばいて揚げてとしていると、24:00にやっと夕食出来ました。

あーしんど。


2017-05-27 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2017-05-27(土) 新潟県 柏崎 にて、アジンぐに行ってきました。気温15℃、水温?℃(17:30~19:00)

柏崎で初釣りです。
DSC_0728s.jpg

夕方港内に行きましたが、凄い向かい風で数投で諦めました。

北西の風では風裏がないのですが、とある堤防にいってみます。

強風なので、ジグは1,5g以上にします。

が、なかなかバイト有りません。また、逆風気味で、足元の藻に直ぐ引っ掛かり、
数投に1回切れます・・・。

また、バイトあっても喰いが浅いです。

ボトム狙うと、また藻に引っ掛かるので、中層をリトリーブして回遊待ちです。

すると、コンッと明確なバイト!
DSC_0729s.jpg

初アジです。

この後、たまーにバイトあっても、ボトムでくるので寄せている間に藻に引っ掛かり逃げます。

6:40時合いが来ました。

着水して中層フォールでバイト!
DSC_0730s.jpg

この後、連続2バイト有り。

6:50時合い終了。

この後、バイト無く、エステルラインで初めてライントラブルもあり終了。

本日の結果、アジ18~22cm4匹。

強風の中、釣れてよかったです。

逆風でラインふけたまま巻いていると、やっぱりライントラブリます。

まあ、足元に藻のある所では、エステル0.3号弱すぎます。

20cmそこそこあると、引きは楽しめました。




2016-12-04 新潟県 柏崎 ショアジギング フィネス [go Niigata]

2016-12-04(日) 新潟県 柏崎 にて、ショアジギング フィネスに行ってきました。気温15℃、水温?℃(11:00~15:00)

約半年ぶりの新潟の海です。
DSC_0299s.jpg

このサーフにカタクチイワシが沸いていて、イナダやサゴシやサーモン!まで釣れたそうで、行ってみました。

が、ベイトがそうそう居る訳では無く、無反応が続きます。

で、
DSC_0300s.jpg

と、こんなのが打ち上げられています。

サーフは諦めて、テトラ絡みの場所に移動します。

ここでも、ジグにはノーバイト。粘っているジガーにサゴシが掛りますが、こっちは全然です。

諦めてフィネスします。

が、フグの猛攻でワームが次々にやられます。

で、釣ってやりました。
DSC_0301s.jpg

もう一匹フグ追加して、根魚いないかテトラの隙間にワーム入れていきます。

すると、テトラの表面の藻の中からバイト!
DSC_0302s.jpg

まあ、これくらいですかね。

本日の結果、クサフグ15~18cm2匹、アナハゼ16cm1匹。

今年は、結構忙しく全然釣りには行けなかったです。恒例の荒川サーモンもパスです。

今年最後の釣行ですね。

雪山シーズンになれば、ボード三昧です。



2016-06-26 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2016-06-26(日) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温23℃、水温?℃(17:00~19:00)

堅くいつもの場所に行ってみます。
DSC_0014s.jpg

ピンキーにも大分慣れましたが、やっぱり藻にでも根がかると簡単に切れます。

ここは、まだ日が高い内に活性が高いです。
DSC_0015s.jpg
DSC_0016s.jpg
DSC_0017s.jpg

ちょっと暗くなると、極端にバイトが減るので本日終了。

本日の結果、アジ14~19cm15匹、メバル13~16cm2匹。

だんだんアジの大きさが小さくなり、釣り難くなって来ます。

2016-06-18 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2016-06-18(土) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温25℃、水温?℃(17:00~19:50)

サーフでアジが釣れている情報を得て行ってみます。
DSC_0001s.jpg

波が1.5m位合って、投げても波のブレイクの向こうこ届きません。

ので、場所移動して前回と同じ所です。

写真見れば判りますが、ラインを変えました。ラピノバX0.3号からピンキー0.2号です。

以前34ロッドにピンキーのタックルをKMさんに借りてみたら、超絶な感度に感動しましたが、シュパッと投げると投げ切れしました。

扱いに神経使いうので、いままで使って居ませんでした。

が、6/12に長岡での用事のついでに、上州屋に行ってみると、34ロッドの展示会をしていました。

プロトの2ピースもあって、色々触りまくりました。説明は、34の営業部長のFYさんが説明下さって、非常に良く判りました。

初期の34はやたらと張りのあるバットの硬いロッドでしたが、プロトは、ティップがメバルロッドばりの柔らかさです。

リールがセットされリグも付いていたので、机の上にジグヘッドを置いて、コンッと来る感度を確認すると、超絶です。

これは、そこそこ高弾性のティップのはずですので、35tですかと聞くと、そうでした。

なぜここまで柔らかいのか聞くと、新円では無く見た目判らない位にオーバルにしているそうです。

うーーん、やるな!

でも2ピースです。なぜ、ワンピにしないのか聞くと、やはり携行性だそうです。ワンピは歩留まりが悪いからですかと聞くと、そうでもないらしいです。2ピと変わらないそうです。

ピンキーの話になって、リーダーとの結びは、簡易エイトノットだそうで、実際に実演したりやらせてもらったりして、そこそこ強度も出る事が判りました。

ピンキー0.2号でデカイマダイも獲ったそうです。

投げ切れの話になって、バサーが良くやるティップで加速付けて投げると切れるそうです。

試しに、展示してあるロッドで、店の駐車場で投げさせて貰って、そこそこ飛びました。

結構、柔らかいラインです。

この後、サビキ師のコマセまみれの場所での釣り方になって、やはり、コマセやアミをイミテートするには、ラメという事で、これは判ってました。その対策リグで、34のメデューサのクリアラメのヘッドを短くしたものをセットしてました。

釣り方は、やはりコマセが漂う層を狙うのですが、潮の加減に左右されるため、タナは比較的バラバラになり易く、魚もバラける傾向の様です。

カーボンの巻きの話や、中国工場の話や、釣り方の話などなど、結構な時間しゃべってました。

たまたま、お客さんが少なかったので。

で、ピンキーを試す事になったわけです。

この場所は、サーフ絡みで沖は砂地ですが、足元には藻が有ります。

藻に絡むと、一撃で切れます。

PE0.3号なら、フック伸ばしながらでも回収出来ますが、根掛り、投げ切れで3投に1回切れます・・・。

簡易エイトノットの組み方も悪かったみたいで、ちゃんと組むとそこそこ持つように。

では、釣果です。
DSC_0002s.jpg
DSC_0003s.jpg
DSC_0004s.jpg
DSC_0005s.jpg
DSC_0006s.jpg
DSC_0007s.jpg
DSC_0008s.jpg
DSC_0009s.jpg
DSC_0010s.jpg


本日の結果、メバル10~18cm5匹、アジ12~20cm10匹、アナハゼ15cm1匹、シーバス40cm1匹、ヒラメ20cm1匹。

五目釣り達成です。

流石にシーバスは抜けないので、ネットランディングです。

ピンキーは、細い事もあってPE並みには飛びますが、フルキャストはちょっと怖いです。

根掛りの多い所は、避けた方が良さそうです。

でも、感度は抜群で、豆アジがワームをつつくだけのバイトも良く判ります。

前の10件 | - go Niigata ブログトップ