So-net無料ブログ作成

2014-09-27 新潟県 柿崎 柏崎 アオリイカ [go Niigata]

2014-09-27(土) 新潟県 柿崎 柏崎 にて、アオリイカに行ってきました。気温23℃、水温?℃(8:00~17:15)

サーフエギングを試してみます。

柏崎の南北には数十キロに及ぶサーフが点在します。

今回、青物でも実績のある柿崎方面で調査します。
DSC_0462s.jpg

はっきり言って、サーフは超不得意です。魚の居る場所が判りません。

離岸流、ブレイク、潮目、シモリなど一般的ですが、それが何処にあるのか?

また、プラスベイトで、多分イカも青物と同じサーフではギャンブル要素が高そうです。

先行してSSさんがエギングしていて、1匹ヒットした様!波打ち際でばれたようですが、イカいる様です。

早速、横で撃ってみます。たぶんサーフで活性の高いのがうろうろしているはずなので、いれば何らかの反応があると思うのですが、無反応・・・。

群れではない見ないです。

1時間位、その周辺を撃ちますが、無反応なので、SSさんと別れて移動する事に。

永遠と続くサーフを20歩ずつ移動しながら撃って行きます。

途中、キス師をよけながらですが、キスも全く釣れてない様子です。

永遠撃っては歩き撃っては歩きを続けますが、無反応・・・。

結局、4時間撃ちまくってNo Bite・・・。


ここは、イカ居ません。ので、いつもの地磯へ。
DSC_0463s.jpg

いつもは、人がいますが、誰も居ません。真昼間だからか?

ガホウジンなので、3号HPSJで寄せて見ます。

30分くらいして、やっと数匹付いて来ます。ここから、いつもの様に、ステイやらスッテやら試しまっすが、

一向に抱きません。

ちょこちょこ動きながら、撃っていると、結構大きなのが付いて来ます。

触腕を延ばしますが、あと1cmの所で、躊躇します。

あれこれ、試しますが、何処へ行ってしまいます。この後も、このパターンでイカ居ますが、超超低活性です。

やっと夕方になって、無邪気なチビイカが3号にアタックして来たので、スッテに変えてようやくキャッチ。
DSC_0464s.jpg

釣れたら帰ろうと思っていたので、本日終了。

本日の結果、アオリイカ胴長8cm1匹。

8時間以上撃ち続けて、チビイカ1匹のみ・・・。

疲れた・・・・・。


次の日、サーフで青物釣れたとのSSさんからの連絡も昼寝してて気づかず、チャンス逃す・・・。

2014-09-21 新潟県 柏崎 アオリイカ [go Niigata]

2014-09-21(日) 新潟県 柏崎 にて、アオリイカに行ってきました。気温21℃、水温?℃(16:10~18:30)

ホームの地磯です。
DSC_0454s.jpg

アジングロッド(ほんとはバスロッド)とシロイカロッドです。

シロイカロッドで、2.5号以上で寄せて、TFLで必殺スッテで狩る戦法です。

今日は前回とは全く違って、活性なしなしです。

30分位無反応なので、3号にして広角に寄せてくると、やっぱり突如として寄って来ます。

が、そんなに活性ないので抱きません。

ので、TFLのスッテで、超ロングステイor超ロングフォール(ほとんどサスペンド)ドリフトで、無理やり抱かせます。

作戦成功!
DSC_0455s.jpg

2匹目。
DSC_0456s.jpg

追ってくる数が増えだしたので、TFLにナオリー2.2号で、直撃!
DSC_0457s.jpg

短時間で色ローテして、飽きさせません。

追ってくるけど、抱かなかったイカに、色変えてフォール、ラインがふけたので、フッキング!
DSC_0458s.jpg

ちょっと暗くなったので、エメラルダス3号ラトルで高アピール。

すると、そのままハグ!
DSC_0459s.jpg

これが当たりかなと思い、そのまま使い続けて1匹追加。
DSC_0460s.jpg

すごい風が強くなったので、本日終了。

本日の結果、アオリイカ胴長10cm6匹。

前回よりちょっと小さめです。ガホウジン出すほどの大きさでもなく、が3号位に反応がいいと、マッチしたロッドがないです。

大きいアオリ探してみますか!