So-net無料ブログ作成
検索選択

2014-08-12 鳥取県 賀露港沖 シロイカオフショアエギング [go Tottori]

2014-08-12(火) 鳥取県  賀露港沖にて、シロイカオフショアエギング に行ってきました。気温26℃、水温?℃(17:30~23:30、0:00~5:30)

8/2、9と予約してましたが、台風で欠航。この日、1,2便通しでの参戦です。
DSC_0370s.jpg

今日は、マグロハンターKGさんと一緒です。右舷ミヨシ~胴です。凄腕ジギンガー常連さんSさんも登場です。

台風一過、どうなるか判らないけど、波大丈夫なので出てみるかくらいの偵察を兼ねてます。

台風余波のうねりが有りますが、超長周期なのでほとんどベタ凪です。

水深65mからシーアンカーでスタート。濁りはそれほどないですが、初めのボトム狙いは、ピクリともしません。

このまま、点灯になりますが、激渋です。

なにやっても、ダメで全然浮いてこないので、ボトム含めて全水深を撃って行きます。

どうも今日は、浮いてこないのでボトム狙いにします。

アクションも再現性無く、10秒以上のロングステイでも来ますが、一定しません。

全く駄目で、1便終了。

竿頭は、常連の通称SSさん19匹、KGさん18匹、p13匹・・・。多分過去最悪です。

通称SSさんは、スッテ、エギの二刀流で、スッテでも掛ったそうです。やっぱり、パターン安定せず。


一旦、港へ帰ってお客さん入れ替えです。

この時点の情報では、どの遊魚船も漁師船もダメダメだそうです。

深場は新子で小さいので、浅場で大型狙うそうです。で、場所変更。

40mラインでスタートです。

今回は、アンカー打って船を止めます。

潮でラインが流れるので、トモに行こうかと思いましたが、船長指示で、2人でミヨシ先端です。


トモでライン流して釣るのは、得意でしたが、潮上にキャストして、フォールしてバーチカルになってアクションさせた方がいい、との船長アドバイスで、これを試す事に。

浅くて、今日は浮いてこないので終始ボトム狙いです。

キャスト、フォール、ボトムバーチカル、アクション、ふにゅ、Fish!

マジ!1投目からヒット!しかもデカイ!1匹目から胴長35cm近いです!

この後、1投1匹で5匹連続、胴長30cmオーバーばかりヒットします。

これは、爆釣か!!とも思いましたが、そうはいかずその後沈黙。


やはり今日は難しく、色ローテしても長続きしない。たまーに水深15m位でもヒットするので、中層探るも長続きしない。

ボトムが安定していて、ボトムで潮が流れているので、抵抗すくないナオリー2.2号赤エビで粘ります。

真後ろでしゃくっているKGさんと同じくらいのペースでヒットしますが、若干KGさんが多いです。

聞くと、赤エビ色でもサイズローテするとヒットがちょっと長続きするとの事!

が、時すでに遅し。東の空が白みだし本日終了。

2便は、KGさん43+4船長アシスト匹、p36匹。たぶんKGさんが、竿頭。

船長予測で、40匹がベストらしかったので、激シブ中でもまずまずといった所。

本日の結果、シロイカ胴長15~37cm13+36=49匹。
DSC_0371s.jpg

船長の戦略が当たり、2便は全体的に大きいのばかりでした。
DSC_0372s.jpg

激渋の中でも、やっぱりベストなパターンが存在し、いかに早くそのパターンに合わせこんでいくかが難しいです。

しかも、そのパターンもコロコロ変わります。KGさんとペース的には、そんなに変わらず釣っていましたが、1時間に1匹差が付くと結果、数匹の差になります。

微妙ですが、長時間になると大きな差がでるので、ちょっとしたパターンミートが重要になって来ます。

渋いと、テクの差がやっぱり出ます。

ちなみに、KGさんが石川沖で船中8匹という激渋の中、一人6匹釣ったらしく、ほとんどの人がボーズ。

どこかの取材で、イカメタルのテスター?と乗船して、その人達より圧倒的な釣果を上げ、テスターの面目を潰すなどなど。

いろいろリグを試しましたが、中錘リーダーリグがどこでも、どんな状況でも安定して釣果でるっぽいです。

2014-08-07 兵庫県 竹野 アオリイカ  [go Hyougo]

2014-08-07(木) 兵庫県  竹野方面にて、アオリイカ に行ってきました。気温28℃、水温?℃(6:00~7:30)

海水浴の朝ごはんまでに、アオリイカ新子とその他の調査です。
DSC_0356_customs.jpg

前日の下見ではアオリイカが居ました。シュノーケリングでは、結構岩場にアコウ、アブラメ、タケノコ、トラハゼの20cm以上のが居て、根魚も期待出来ます。

子供のロッドに極小エギ付けて、投げ方と誘い方を教えていると、1投目からアオリイカが付いて来ます!!

足元のじらして粘っていると、タッチしてエギを引きます。

この時フッキング入れるように教えて、そのまま放置すると直ぐに離します。

アオリ新子は、5~6匹くらいで付いて来ますが、直ぐ立ち去ってしまいます。

足元まで来る子は、直ぐすれてエギに興味示しません・・・。

場所変えて、子供はジグヘッド+パワーイソメでロック狙いに変えて狙いますが、なかなかヒットしません。

5cmくらいのカワハギが無数に付いて来て、ワームがちょっとずつボロボロになって来ます。

場所休めて元の場所に戻ると、またエギにはアオリが付いて来ますが、まだまだ小さいので警戒心が勝って抱きません。

それでも、エギでいろんなアクションしていると、30cm位はある魚影が絡んで来ます!!

が、足元まで来て藻の中に消えて行きます・・・。

また、岩場と砂地の境をダートさせていると、20cm以上の魚が絡んできます。

こいつは、バイト!、コンッと明確な当たりがロッドに伝わりますが、エギカンナではフッキングしません。

この後、何事も無くタイムアップ。粘れば、釣れそうでしたが、朝ごはんです。

本日の結果、アオリイカ2バイト、魚2バイト、No Fish・・・。

で、今日の頑張ったルアーです。
DSC_0393s.jpg

シュノーケリング調査で、岩礁帯を潜り回っていると、ルアーターゲットがいっぱい遊泳してました。

キス、シーバス、アジ、シオ(カンパチ)、アコウ、アブラメ、メバル、ヒラメなどなど、海水浴場にロッド持って行かなかった事が悔やまれます。

何故か、アオリは岩場には居ませんでした。

そして、一人で沖や深場をフラフラしていると、家族の中で自分だけ無数にクラゲに刺されました!!

何かちくちくするなーくらいにしか思っていませんでしたが、数百か所に赤い斑点が出来てました・・・。

お盆前はクラゲ大丈夫というのは、ウソですね。

あーかいっ!

2014-07-30 鳥取県 賀露港沖 シロイカオフショアエギング [go Tottori]

2014-07-30(水) 鳥取県  賀露港沖にて、シロイカオフショアエギング に行ってきました。気温26℃、水温?℃(17:30~23:30)

今年初のシロイカです。

まだ爆釣は、少ないそうです。毎度ですが、50匹以上が目標です。
DSC_0317s.jpg

タックルのおさらい。

ロッド : シマノ 炎月一つテンヤマダイ210H(5~12号)
リール : シマノ レアニウムCI4+ C3000HG (エクスセンスCI4C3000Mスプール
ライン : ダイワ エメラルダスセンサーPE0.4号 リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V61S Squid(Max80g)
リール : シマノ コンプレックスCI4 F6 (コルクハンドル)
ライン : ゴーセン ドンペペPE0.4号 リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V63B Squid(Max80g)
リール : シマノ 09メタニウムMg (エイテックカーボンEVAハンドル51mm) 
ライン : スーパーパワーPE0.4号?? リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

使用するエギは、こんな感じ。
DSC_0316s.jpg

明るい内は、ボトム狙いなので20号、紫エギ2.5号で始めます。65mラインです。

この日、潮が3枚潮で右舷トモ2番目でやっていて、ミヨシの人の5連?スッテ仕掛けといきなり絡みました!

速攻で船長が、止めに入ります。

しかし、ミヨシ側隣のイカメタル+ドロッパーの2人と何度も絡みます。

これで、小さい当たりなのか、ライン同士が触れているのか判らず、何度も合わせを入れますが、乗りません。

半分は、ライン同士の接触っぽいです。

底狙いでは、2本程しか取れずライト点灯です。

だんだん棚を浅くしていきます。

毎度この時間帯は釣れません。が、トモ側の人が掛けてます。

この方、ノーマルエギングロッドで、リーダーひとヒロ位です。

アクションは、速いシャクリとシェイクです。

真似するも、今一明確な当たりは無く、モソッかプルプルも小さい当たりで、フッキング入れても掛りません。

でも、隣の人は掛ります。


どうも、イカメタル系ロッドより堅いエギングロッドで、加速のあるアクションで喰いけが上がり、堅いロッドでも当たりが出る=しっかり抱いているみたいです。

まあ、その隣の方は、そのロッドさばきから腕前はぴか一っぽいです。

ロッドをNERFからテンヤロッドへ換装して、アクション重視にします。テンヤロッドの方がベリーに張りが有り、加速のあるアクションを付けやすりです。

これと、エビ色エギに換装してポツポツ当たります。が、連続ヒットは行きません。

隣の方は、頻繁にエギローテしています。

自分は、このまま粘って様子見作戦です。すると、隣の方の方がヒット率が高いです。

どうも、イカ居るが活性低く、ローテする事で活性が上がり、気に入った色の時のみアタックしているみたいです。

ので、エギザイル白色半分黄色自作にすると、連続ヒット!

が、これも長続きせず。イカがちょっと小さいので、ナオリー2.2号赤へスイッチ。

また、ポツポツ釣れます。

途中船長が、偵察に来て、

船長「20位釣れた?」

p  「18です。」

船長「ふむふむ。」


今日は、自分のペース位がいい方の様です。隣の方は、20以上は確実に獲ってます。


棚が浅くなって、2枚潮位になってもミヨシ側の人と何度か絡んで、ラインチェックして再投入しますが、この後、シャクリ切れして、NERFに変えて投げ切れして、マーカー付きラインのシステムが無くなります。

システム組む時間もったいないので、予備システム済みのラビノバへスプール交換します。

中盤より風が強く、ラインがあおられて、ガイドに何度か絡んだので、ガイド絡みで切れたかも知れません。

いずれにせよ、PE0.4号は、新品でも一発で切れます。外乱がある場合は、マージン見て0.5~0.6号がいいかもです。

テンヤロッドに戻して、キャスト・カーブフォール・アクションの黄金パターンではなかなか当たらず、横動き、縦の動きにも、連続してヒット無く、一定のパターンが有りません。

ただ、隣の方は、コンスタントに掛けているので、アクションは速めがポイントです。

途中、コンコンやゴンがあっても乗らなかったですが、2匹でっかいサバフグが掛ったので、こいつらです。

途中、ココッとう当たりが頻繁にあるので、一生懸命合わせのタイミング変えながらようやくヒットしたら、サバです。

エギサイズを2~2.2号にすると明らかに型が小さくなるので、2.5号にします。

するといきなり大型がヒットします。

ライトアップしてからは、終始30mから上を釣ってますが、明らかに隣の方の手返しが早いです。

見ていると、チョイ投げロックしているので、15m位しか狙ってないみたいです。

こっちも、20m以上は投げず浅棚で勝負します。やっぱり船底のシェードに居るみたいで、5m位でもヒットします。

段々ペースが上がって行き、隣の方よりハイピッチになった所でライト減灯。

更に活性上がり、1投1匹モードに一時突入します。最後30分で数伸ばし本日終了。


本日の結果、シロイカ胴長15~36cm64匹(スルメ数匹含む)、サバフグ40cm2匹、マサバ20cm1匹。
DSC_0318s.jpg

竿頭は、やっぱり隣のエギンガーさんで70匹でした。

開始前、タックルの事で話して、能書き垂れたのに、やられました。
DSC_0319s.jpg

Max胴長36cmと大型も混じり楽しめました。目標も達成!

しかし、ノーマルエギングロッドと張り合って、やられるとは思いませんでした。

今日は、ちょっと活性低く、合わせのタイミングが難しく、乗らない事が多々ありました。たぶん、釣った倍以上の当たりで合わせてます。

もうちょっと待って、しっかり抱いてから合わせてもいいのですが、いつもこれで掛るとは限りませんでした。

今日はやっぱり、加速の効いたアクションで活性上げ、しっかり抱かせて合わせる事が良かったみたいです。

このため、エギングロッドに歩が有った様ですし、当たりも判ったと思います。

また、潮が速かったのでリーダーも長めが良かった見たいです。これは、リーダーが短いと、潮にあおられエギが安定せず、触りたがらない?ので、リーダー長くして潮になじませてエギ安定させた方がいいようです。たぶん。

多分、加速と完全停止が良かったと思います。

日々、修行。