So-net無料ブログ作成
検索選択

2014-07-20 新潟県 柏崎 シーバス [go Niigata]

2014-07-20(日) 新潟県 柏崎 にて、シーバスに行ってきました。気温27℃、水温?℃(18:00~20:00)

海でよう釣らんので、リバーシーバス狙いです。
DSC_0300s.jpg

増水、濁り(元々まっちゃ)で、経験からすると最高の条件です。

去年釣れたポイントへ行くと、去年より雑草が育っていて、葦やらなんかの木やらが2m以上になってます。

そこを藪こぎしながら川辺へ行きますが、方向が判らなくなります。

太陽の位置と地形と植物の属性域を考えながら、やっと川辺へ出ますが、途中増水で藪中でも浸水している所もあり、さながら熱帯のジャングルです。

まあ、これを予測して長袖着てます。

やっと水面とご対面ですが、増水して逆に水深変化が少なくなって、対岸ブッシュのオバハンも浸かってます。

その浸水オバハンの横にDOG-Xを撃って行きます。

対岸ブッシュオバハンを舐め倒しますが、No Bite・・・。

ちなみに、オバハンは大阪のおばちゃんではなく、オーバーハングです(去年と同じギャグです)。

今度は同じ岸側をアップに攻めます。

何度か打って、もっと際を狙おうとすると、ラインだけが葦上に落ちます。

あわててルアー回収するも、途中の葦にルアーが引っ掛かります。

ちょっと強く引っ張ると、スッ・・・・。

ペット0.8号でも一発で切れます。

気を取り直して、ミノーを撃って行きます。色々ローテしますが、No Bite・・・。

増水して、リバチャンのエッジから深みに居ると思ってましたが、魚は溜まってませんでした。

ちょっと移動して、シャローから深みに流れる、チャラ瀬下に行きます。

この時、川岸に立つ所がなくて、草の間から打つ事になったので、ヒットしたらやり取りが大変です。

が、そんな心配は無用で、ミノーローテしても、No Bite・・・。

しまいには、アイルマグネット7cmを、川底に引っかけてロスト・・・。


土手に戻る時、滑って登れません!!

ロッドを草上に置いて、葦を両手で掴みながら上ります。

暗くなって、ちょっと場所移動します。

ここは、浅瀬に挟まれた深場です。去年50cmシーバスと50cmビーバス(ブラック)釣った所です。

ここは、比較的足場はいいのですが、ライト付けても草で足元見えず、泥でズルッと尻もち付く位にこけます。

低い草をかき分け、やっと水辺に到着。

ここも、DOG-Xからミノーへローテします。

が、全くのNo Bite・・・。

完全に予想が外れました。誰も入った形跡がないので、居たら喰ってくるはずですが、ここも魚居ません・・・。

本日の結果、No Bite、No Fish・・・。

で、今日の頑張ったルアーです。
DSC_0301s.jpg

DOG-Xとアイルマグは、居ません・・・。

多分引っ掛かるだろうなーと思いロストしたDOG-Xはノーマル使ってました。ので、SWは有ります。

DOG-Xは、一生使える位ストックしているので、ガンガン使ってます。

当然、入手は中古です。タックルベリーさまさまです!?

2014-07-19 新潟県 柏崎 ブラックシーブリーム [go Niigata]

2014-07-19(土) 新潟県 柏崎 にて、ブラックシーブリームに行ってきました。気温25℃、水温?℃(18:15~20:00)

言うなれば、チニングです。

とあるテトラ絡みのサーフでやります。
DSC_0298s.jpg

佐渡島にピントが合ってますね。

ここ最近の雨で、まっちゃです。

チヌは駄目でも、シーバスなら出そうです。

やっぱりTOPから打って行きます。

DOG-Xから一通りペンシルを撃ってから、POP-Xにしますが、No Bite・・・。

まあ、TOPで活性を上げた事にして、ミノーやシンペンをローテしていきます。

が、やっぱりNo Bite・・・。


ここにはいないと諦めて、移動します。


とある河口です。

水量が増して、よれがたくさん出来ています。

このよれの境目を色んな箇所で、色んな方向から打ちますが、やっぱりNo Bite・・・。


魚居ません・・・。


本日の結果、No Bite、No Fish・・・。

で、今日の頑張ったルアーです。
DSC_0299s.jpg

いつもよりちょっと絞ってます。

レアリスの小さい方は、ブガとそっくりですが、引き抵抗がブガより軽いです。

これは、スキーイングが大きいためです。ブガが、ヌヌッとストップするのに対して、スーとスライドします。

レアリスの大きい方は、スキーイングが下手で、ターンテーブル(重心近くを中心にヘッドとテイルを振る)します。

スライド幅は、DOG-X元祖と新型の中間くらいです。スライド初速は、DOG-X元祖の方が速いです。

ラトル音がすごくて、カーン、カーンと良く聞こえます。

ソルトでは、波が有るとDOG-X新型やジャイアントみたいに、サイドフラットを利用したターンを得意とするペンシルは、波の影響で意図したアクションが出ません。

ので、より丸っこい方が、いいです。

そいう意味で、DOG-X元祖が何処でもいい仕事をします。レアリス小さい方は、操作性が良く、コスパはすこぶる良好です。

一軍決定!

2014-07-06 新潟県 柏崎 ブラックシーブリーム [go Niigata]

2014-07-06(日) 新潟県 柏崎 にて、ブラックシーブリームに行ってきました。気温25℃、水温?℃(17:45~19:45)

いわゆるチニングです。

とあるテトラ絡みのサーフでやります。
DSC_0278s.jpg

リールは、ダイワエンブレムXです。昔シーバスで使用していました。

メイン機のスプールを全てシロイカ用に0.4号に巻き変えてしまったので、引っ張り出してきました。

が、余りにもシャーシャーいうので、分解してベアリングにグリスアップして、ましになりました。

エンブレムは、オシレートがカムでは無く、シマノ同様のクロスギアでした。

これ、シマノ派の自分としては唯一のダイワスピニングで、当時シーバスにはそんなにお金かけて無かったので、バイマスと比較した時、初動がこっちの方が軽かったです。

当時シマノは慣性でなめらかさを出していたので、ローターが重かったです。シーバスでは、超デッドスローリトリーブを多用してたので、巻き始めや、スローではその重さが気になりました。

今では、ライトローターをシマノもうたい文句にしてます(W)。

さて実釣ですが、シャローに沈みテトラが有り、その根周りにチヌが居る事は去年確認済みです。

まだ、この場所でTOPではチヌ釣ってませんが、DOG-X(SW)で始めます。

1か所目、扇形に探って行くと、沖の方から何か追従して来ます。

長ーい君です。

その後、何投目かで、沈み根の近くで、



「バフォーーーッ!!」


「シーーーン・・・・・(ルアー)。」


スカってます。明らかにシーバスです。


ビーフリーズSPで、リトリーブスピード変えたり、トゥイッチ入れたりしますが、無反応。

これ余りシーバスには使った事無いですが、トゥイッチ後の停止がいいらしい。

また、DOG-Xに戻して暫く打っていると、また、



「バシャーーーッ!!」


「シーーーン・・・・・(ルアー)。」


今度は、垂直飛びして魚体が見えました。50cm位のシーバスです。

やっぱり、喰うのが余りにも下手です。


ちょっと移動して、DOG-Xを撃ち続けていると、


「バーーーンッ!!」


「ピヨ~~~~ン・・・・・(ルアー)。」


姿を全て見せながら、横っ跳びで食らいついて来ます。

が、ルアーを弾き飛ばして、高々とルアーが飛んで行きます。


マグロか!


これも50cm位のシーバスです。



この場所で、もう一回沈みテトラの横で、グンッとルアーに重みを感じます。

これは、チヌかも。


またちょっと移動してTOP打ち続けていると、2回程長ーい君がバイトします。


TOPもミノーもローテして、色々打ってみますが、この後No Bite・・・。

本日の結果、シーバス3バイト、チヌ?1バイト、ダツ2バイト、No Fish・・・。

今日の頑張ったルアーです。
DSC_0282s.jpg

ジグは打ってませんが、色んな波動のアンダーウォーターでも反応無しです。

結局、フッキングにも至らず、ファイトもないですが、TOPでバフォバフォ出て面白かったので、良しとしよう。

2014-06-21 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2014-06-21(土) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温25℃、水温?℃(18:00~20:00)

だんだんアジの活性が下ってきていますが、行ってみます。
DSC_0271s.jpg

釣れてないのでしょう、もうサビキンガーは居ません。

チヌ師が数名居ます。

当然アジンガーも居ません。

やっぱり、アジのバイトは有りませんが、ワームはヤツで無くなっていきます・・・。

そうこうしていると、遂にちょっと明確なバイトが有りFish!!
DSC_0272s.jpg

ぶれて得体のしれないものになってますが、模様のきれいなクサフグです。

これくらい大きくなってくると、フッキングします。

この後、やっぱりアジバイトなく本日終了。

本日の結果、クサフグ15cm1匹。


あまり更新してませんが、夏のシロイカに向けて色々と準備しています。

キャスト主体なので、マーク付きのラインはあまり必要ないかなと思っていましたが、
やっぱり棚は大事なので、マーク付き(色分け)しているラインに巻き直しました。

マーク無しは、トラブル時様にスペアスプールに巻いておきます。
DSC_0276s.jpg

右から、ドンペペ、エメラルダスセンサー、ラピノバ☓2個です。

メタマグマグ(マグネット化メタマグ)には、安物PEを巻いてみました。

↓メタマグマグ
http://cyber-p.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302621279-1

DSC_0277s.jpg

一番左がそれで0.4号のはずが、ペペット0.8号と同じ位の太さです。PEには正確な号数規格がないので、やっぱり海外安物の太さは信用ならんですね。

勿体無いので、巻いてはみました。

ドンペペは去年使ってみて、良かったですし、細いです。

エメラルダスは、0.4号210mで実売2500円位と非常に安く、実物は細いです。今季新規投入です。


タックルは、下記。

ロッド : シマノ 炎月一つテンヤマダイ210H(5~12号)
リール : シマノ レアニウムCI4+ C3000HG (エクスセンスCI4C3000Mスプール)
ライン : ダイワ エメラルダスセンサーPE0.4号 リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V61S Squid(Max80g)
リール : シマノ コンプレックスCI4 F6 (コルクハンドル)
ライン : ゴーセン ドンペペPE0.4号 リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V63B Squid(Max80g)
リール : シマノ 09メタニウムMg (エイテックカーボンEVAハンドル51mm) 
ライン : スーパーパワーPE0.4号?? リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

去年、寺泊ライトスルメイカにイカ先生が来られた時、新開発中のロッドの事を聞き出そうとしましたが、教えてもらえるはずも無く、遂に最近発売になりました。

http://cyber-p.blog.so-net.ne.jp/2013-06-23

今年の寺泊ライトスルメにもイカ先生が来られましたが、初心者優先みたいな事が書いてあったので、パスしました。ちなみに、トミーはイカ先生のご実家らしいです。

ライトスルメ便は、定期的に出港してますが、ライトと言っても40号を使うので、Max20号が常用の自分にはまだまだヘビーです。リグがちょっと複雑で、ラインも太いので40号なのでしょう。

で、ついに発売になったイカ先生開発のロッドが下記。

シマノ
セフィア CI4+ Boat(メタルスッテゲーム専用モデル)
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/3532

まだ、店頭に並んで無かったので、調子は不明ですが、イカ先生開発なので、間違いないはず。

今使っているテンヤロッドは、バスプロ田辺さんが開発に関わっていたはず?なので、ベントや操作性が非常に使いやすいです。

炎月一つテンヤマダイ(えんげつ)
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/692


ゼナックはこちら

オフショアバーチカルスクィッド専用モデル NERF Squid
http://www.zenaq.com/rod_zenaq/rod_fantastic/ner/ner.html

たぶん丹後日本海シロイカ専用ロッドは、これが最初でしょう。バリバリご当地ロッドです。
言うまでも無く、最強でした?

自分も船長からの受け売りで、結局今のタックルにたどりついてます。

シロイカエギング 剣先ゲーム 日本海シロイカゲーム
https://www.youtube.com/watch?v=DxtiRJmovl8

船長は、ステラ4000番を使用してます。自分のタックルは3000番なので、使った時にしんどいと言ってました。自分は軽さ優先ですが、100mからの巻き上げは、やっぱり非常にしんどいです。

しかし、ライバル増えましたねー。

ダイワが、「イカメタル」と名打ってカテゴリー化し出したのがきっかけで、
各社から発売されだしました。

ソルティスト SQ(スクイッド)
http://all.daiwa21.com/fishing/item/rod/salt_rd/saltist_sq/index.html

AGSも追加され、充実してきました。このノーマルSQは、店頭確認ではバットがしっかりしていていいです。


ゼナックの次のシロイカ専用が13のkennsakiです。

BG division
http://www.breaden.net/rod/lc_bb_bg.html

言わずと知れた、イカ先生開発のスパ釣の1アイテムです。
Fショーで触った感じでは、抜群です。ベイトのみです。

スパ釣のスピニングロッドは、クリップエンドが短いので、脇挟みし難く巻き上げがしんどいです。

で、これです。

BG Light division
http://www.breaden.net/rod/bg-light.html

イカ先生が関わっていたかは不明ですが、13なので間違いないでしょう。
ゼナックも13も兵庫県で、丹後の地元です。

去年同船した方が持っていて、とてもいいと言ってました。

リーズナブルなのは、メジャクラですが、

KGワン/イカメタル シリーズ
http://www.majorcraft.co.jp/catalogue/page01.jsp?mode=id/150

これ店頭確認では、ちょっとバットがやらかいです。個人的な好みでは、もうちょっとバットがしっかりした方が、操作性がいいと思います。

多分コスパがいいのがこれ。

オーシャンウィップ
http://crazy-ocean.com/item/oceanwhip.html

店頭で初めて見て、ビックリ。ティップとバットのセッティングがバッチリです。

グリップエンドも長く、ティップラン兼用の様ですが、十分使えます。

クレイジーオーシャンは、ティップラン発祥?のメーカーなのでロッドアクションの押さえ所がいいですね。

エギングロッド、アジングロッドも投入して、色々試しましたが、やっぱり専用機は扱い易いです。

テンヤロッドは、別です。仕様がすこぶる合致します。


シロイカエギングが、楽しみですねー。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。