So-net無料ブログ作成

2013-12-05 新潟県 荒川 サーモン [go Niigata]

2013-12-05(木) 新潟県 荒川 にて、サーモンに行ってきました。気温6→12℃、水温?℃(7:00~16:00)

今日は、凄腕餌師SMさんと川釣餌師STさんとの出撃です。

今回は、こんな感じのルアーで挑みます。
CA3A0241.JPG

ミノーが反応がいいとのネット情報があったので、手持ちのミノーにシングルフックを付けます。

この日は、珍しく天候がいいです。ちょっと風がある事と時折雨が降るくらいです。
CA3A0242.JPG

反対側です。
CA3A0243.JPG

タックルは、こんな感じ。
CA3A0244.JPG

阿賀野川と違い、荒川は魚が大きいので、ちょっとゴツイのをチョイス。

ロッド:カーペンター BLC84/25 R-Power Max ・ Super Cobra

来年のヒラマサ狙い用に、最近中古で購入。

これに、ツインパ5000・PE2号とリールはライト。

始めは、ベイトタックルから始めます。定番のスプーンタコベイトを投げ倒しますが、No Bite・・・。

魚が、見えません。

そこで、ミノーをいろいろ試してみます。
CA3A0245.JPG

海では、シンペンのドリフトがいいとのネット情報でしたが、荒川では水押しが強すぎて浮いてしまいます。

リップ付きのミノーをローテしますが、これもNo Bite・・・。

流れの速い流芯の太いポイントで、10kgオス狙いでしたがダメです。

トロ場へPro4(PE0.6)タックルで、見に行きます。

すると、数匹がうろうろしています!

スプーンでハナツラを何度もトレースしますが、バイトしません。すると遂にいやがって動いた瞬間背びれにフッキングしてしまいます。

このタックルでスレでは全然寄って来ず、10分振り回されて、弱った所でネットで浅場へ追い込んでキャッチ。
CA3A0246.JPG
メス78cmくらい。

まだ数匹居ますが、反応がいまいちなので、元の場所へ戻ります。

SMさんは、流芯狙いで粘ってもダメ。STさんは、ちょっと下流の手前で1本獲ってます。

流れがちょっと緩くなったシャローにいる様で、ベイトでピッチングしながら、アップからドリフトしながら粘っていると、フッとラインテンションが抜けます。

すかさずフッキング、Fish!

ギャンギャン引いて、明らかに阿賀野川より良く引きます。ずり上げCatch!
CA3A0247.JPG
元気いっぱい。

メス80cm。暴れ過ぎて顎が損傷してしまいました。
CA3A0248.JPG

産卵後で余命いくばくかなので、ゴメンしてリリース。

今後、サイトで狙うもいやがって逃げられます。また、アップからドリフトしていると、テンション抜け発生、Fish!

さっきより、強い引きで流芯へダッシュ!粘っていると、速攻でフックオフ・・・。

魚が少ないので、場所移動します。

今度は、去年SMさんが爆釣したシャローフラットと沈みテトラの複合ポイントです。

いっぱいフライマンが居るので、大分上流へ離れて入ります。

ここでも、魚が見受けられませんが、STさんがFigth!
CA3A0249.JPG

なーんにも無いフラットで流して掛ってます。

よーく見ていると、ちらっと白い斑点が見えます。ちょっと悲しい魚体ですが、サイトで狙ってみます。

魚より上流へキャストしてアップからドリフトさせて口元へアタックさせます。

1回目動かないので、数回同じラインをトレースし、5回目で首を振ります!

すると、テンションが抜けたのでフッキング!Fish!

流れの弱いフラットなので、走らせるだけ走らせて楽しんだ後、ずり上げ。
CA3A0250.JPG
オス80cm。

う~~ん、加藤誠司さんバリ!!

狙い通りに、口を使わせました。やっぱり、ダウンからのUPや、クロスの横移動では反応せず、アップからのドリフトのみ口を使います。

阿賀野川は、フレッシュで追っかけて口を使いましたが、産卵後の魚はなかなか口を使いません。

釣れないので、フライマンが近くから離れて行きます。

入水しないで、粘っていると段々魚がシャローへ入って来ます。今まで、釣人が立っていた場所です。

魚がいるスジをドリフトしているとFish!
CA3A0251.JPG
メス80cm。

スレでした。バシャバシャとネスト作っている魚にアタックしますが、釣れません。

SMさんへ場所を譲って、狙って貰います。

すると、Fish!
CA3A0252.JPG

口に掛っている様ですが、流れに乗って走って、竿のされてラインブレイク。延竿は、難しいです。

やっぱり延竿でアップからドラッグしたら、口を使います。

ルアーでのドリフトでも、まだ移動速度が速く口を使ってもらえないです。

SMさんこの後、2本掛けるも2匹ともフックオフ。

ので、場所交代してもらって、変わって攻めます。

すると、モヤッとした感触でフッキング。またスレです。
CA3A0253.JPG
メス80cm。

ここで、BLCで狙ってみます。

同じラインを通してモヤッとしたので、フッキング。またスレです。
CA3A0254.JPG
メス80cm。

ヒラマサ・マグロロッドへサーモンで入魂しました。

何も無いフラットで、またSTさんファイト!
CA3A0255.JPG

同じく、SMさんも!
CA3A0256.JPG
CA3A0257.JPG
CA3A0258.JPG

何にも無いフラットで、どのラインを狙っているか聞くと、竿を振った所との事。

また口への掛け方を聞くと、聞きを入れるとクンクンと引き、直ぐには離さないので、確認してから合わせ入れるとの事。

フラットは、狙いが難しいので、流れの筋を狙い続けます。

ラインテンションが抜けた時、聞きを入れるとモワッとしているので、そのままリトリーブすると、モワモワしてからテンションが戻ります。

明らかに、魚体に当たってます。この感じを繰り返していると、グンッとなったのでフキイング入れます。

魚が走りますが、スレです。ずり上げてからフックオフしそのままオートリリース。

この後、数本スレで掛り、ファイト中にロッド降って故意にフックオフリリースします。

が、一回スプーンが勢いよく顔面向けて飛んできて、左手ではたき落としました。注意が必要です。

この後、またスレでフッキング。
CA3A0259.JPG

BLC84/25SCは、こんな感じで曲がります。ドラグ5kgでライン出ないので、3kgぐらいの引きです。

SMさん撮影。
DSC_0006.jpg
DSC_0008.jpg
DSC_0009.jpg

CA3A0260.JPG
オス60cm。

オスは、体高が高くかっこいいです。

この後、タイムアップまで数十分間狙いますが、結局口には掛らず、納竿。

本日の結果、サーモン60~80cm8匹。

2/8匹のみ口掛りでした。毎度難しいですが、ベイトのキャスト正確性と7ftとの高感度ロッドのアップドリフトの可能性が見えました。

フライマンは、バックスペースが必要なのと、完全ダウンなので腰近くまでウェーディングしていますが、入水しないで見ていると、やっぱり膝下くらいのドシャローにいっぱい入って来ます。

このドシャローに魚溜まったラインを、アップからドラッグする方法が、やっぱりいいです。

BLCは、急峻なベント特性の割には、ベントカーブはきれいな孤を描き、マルチベントに入って来ます。

感度のいいブランクを使っている様で、18gのスプーンでもボトムコンタクトが明確に判ります。

が、そんな用途はこのロッドには必要なく、軽量ガンマを動かし、20kgのヒラマサをシャローで止めるためのロッドです。

という事は、ガンマでサーモンを釣ればいいのだ!可能性は、ゼロではない!!ほんまか?