So-net無料ブログ作成

2013-06-21 新潟県 寺泊 ライトスルメ [go Niigata]

2013-06-21(金) 新潟県 寺泊 にて、ライトスルメ に行ってきました。気温20℃、水温?℃(18:30~23:00)

台風が接近していたのですが、予定通り出港だそうです。

雨降りそうな雲行きです。一路、寺泊へ。
CA3A2335.JPG

到着してそうそう、釣具トミー前でイカ先生がいらしたので、挨拶してちょっとだべります。

普段は、関西でケンサキをやっている事を伝えると、ケンサキはなかなか能登半島を越えて北上しないそうです。この辺りのライトタックル使用もここ2年位だそうです。

タックルの話になると、わざわざレンタルタックルを手に取り説明してくれます。解説は、DVDの通り論理的かつ簡潔です。

今回、実釣会にあたり初めての方もいて、シマノよりレンタルしてくれます。

解説してもらったのは、ステファーノのセットです。Max35号ですので、バットがすごくしっかりしていますが、ティップは物凄く柔らかいです。

このタックル凄く軽くて、イカ先生もビックリと言ってました。

今回の船は、光洋丸さんです。
CA3A2336.JPG

左の方が、イカ先生です。右下にレンタルタックルの束が見えます。

光洋丸は、シマノ探検丸アキフィッシュ対応です。自分の持ってる白黒探検丸は使えないそうです。

釣り座は、先着?抽選?だったのか前もって決まってました。右舷後ろから2番目です。
CA3A2337.JPG

事前の推奨タックルは、

ロッド : シマノ ライトゲームCI4 TYPE82 H190
リール : シマノ ForceMaster400 
ライン : PE0.6~0.8号 リーダー2号
リグ  : ライトスルメ3本針
錘   : ホゴ型40号

今回使用タックル

ロッド : シマノ 炎月一つテンヤマダイ210H(5~12号)
リール : シマノ レアニウムCI4+ C3000HG (エクスセンスCI4C3000Mスプール)
ライン : ドンペペPE0.4号 リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V61S Squid(Max80g)
リール : シマノ コンプレックスCI4 F6 (コルクハンドル)
ライン : ラピノヴァPE0.4号(グリーン) リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

ロッド : ゼナック NERF V63B Squid(Max80g)
リール : シマノ 09メタニウムMg (エイテックカーボンEVAハンドル51mm) 
ライン : ラピノヴァX PE0.6号(エギング) リーダーメイン3号+サブ6号(両フロロ)
リグ  : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘   : カリスマシンカー15~25号

餌釣り船なのでベンチが付いてます。
CA3A2338.JPG

出船前に、リグのレクチャーがありました。

料金込みで1set支給されました。
CA3A2339.JPG

自分は使用せず、何時ものシロイカセッティングで出港です。
CA3A2340.JPG

ちょっとうねりが有りますが、ほぼペッタンタンです。
CA3A2341.JPG

30分位走ってパラシュートアンカーを入れます。水深判りませんが、50mからの指示です。

PE0.4号錘25号から始めますが、両隣と同じ角度でラインが立ちます。

凄いゴミ(木片など)が流れている所で始めて、やがてゴミが無くなると、ラインがミヨシの方向へ流れます。

パラシュートなのに、ミヨシ方向とはなんか変です。ラインより船の方が、遅いのか?

直ぐライトONします。初めの1時間以上は、まったくかすりもしません。

今季初なので、感覚鈍っているのかとも思いましたが、誰も釣れません。

すると、トモの人にヒット!スッテにバイトしてます。

ならば、スッテにしますが、ダメ。色んな色にローテしていきます。

ようやく、21時位になってバイト!スルメイカ胴長24cm。13エギマル2.5号赤緑スッテカラーです。

このバイトも非常に小さくて、判りずらいです。

周りは全然釣れません。激しくアクションさせると、サゴシがヒットする見たいです。サゴシ釣れたり、リグ切られたりする人が散発します。

船長の激しいアクション禁止指示がでたので、ゆっくり誘います。が、喰い切らないのか、ティップがピクピクしますが、乗りません。

ので、叩きアクション知れると、クイッとティップが入ってFish!

ある意味、シロイカより激ムズです。

ここで、イカ先生が来られて、フォールで釣れている事を聞きます。ちょっと落として、ステイをするとバイトが有ります。が、シロイカみたいに、ティップがちょっと入った時にフッキングいれても乗りません。

今度は、じっくり待っていると、ユラユラティップが揺れるも、どんなタイミングでも今一フッキングしません。

今度は、投げて3D光エッジ攻撃も試しますが、バイト有りません。

どうにかこうにか、掛けて行きます。すると、だんだん周りに人にも当たりだします。

すると、だんだんエギには当たらなくなります。なぜ?あのパターンか?

また、イカ先生が来られたので、色々聞いてみます。

イカ先生は、セフィアボートを使用してます。このエンドグリップは300mmしかありません。

これカタログ写真です。
CA3A2344.JPG
リールフットより前で握ってます。写真リールは、セフィアですが、実釣のはレバー付きを使用してました。

13BGケンサキは、360mm位にしているのに、なぜ作らないのか聞いてみると、色々やっているが企業秘密で言えないそうです。イカ先生の意見がシマノに通れば、ロンググリップが出るかも知れません。

このため、セフィア買わずに炎月にしたと言うと、真鯛の場合、細いラインを使うために、ベリーが入る様になっていて、イカだとそれが必要無いので、もっとファーストテーパーか、ベリーの弾性率の高いロッドが好みと言ってました。

それは、ベリーが堅い方がイカの引きがダイレクトに伝わるので、好きだそうです。

リーダー(枝)の長さの事を効くと、普段一ヒロ程度で2~3ヒロまで長くすると影響が出てくるが、極端に短い以外は、一ヒロ位でこなせるそうです。

ティップの事で、ソリッドとソフトチューブで視覚感度ではなく、触覚(手)感度の事を聞いた所、あまり明確な回答は有りませんでしたが、色々はやっているみたいです。

錘を重くすると、ティップが死んでしまう事の対処を聞くと、やはり重さに合ったロッドが必要との事でした。

色について聞くと、今日はグロー色のスッテにミヨシの人がよく当たっているみたいです。

この話し中、ずーとステイさせていると、手感度バイト!

合わせると、スカッ!イカ先生「魚ですね。」

上げてくると、サゴシがアタックした様で、リーダーがバッサリやられてます。

偶然メインリーダーも噛んだ様で、エギのみリーダーの結び目近くに引っ掛かり、メインもサブもリーダーがほとんど切れて、錘も無くなるというミラクルが有りました。

後1時間くらいだったので、炎月からネルフV61Sにスワップです。

グロー色スッテがいい様なので、シマノ エギザイル2.5号蛍光白にします。

リーダー60cm位だと、バイト出ません。ので、170cmにします。(一ヒロだいたい)

50mから上での棚は一定せず、ユラユラ当たりは有りますが、フッキングしません。色んな誘いを入れるも、追い食いをしません。

やっとこさ1匹掛けますが、スッテチームはポツポツ釣れてます。トモの人が初め同じサイドでやっていて、ラインが絡みそうなので、トモ真後の光エッジでやれば、ヒット率上がる事伝えると、結構コンスタントに釣れてました。よかった、よかった。

23時になったので、あっという間に終了です。

本日の結果、スルメイカ胴長24cm9匹。
CA3A2342.JPG

結果的には、激渋でした。スッテ当たり時間も、エギでのパターンを見出そうと色々試してみましたが、後半全く伸びませんでした。

竿頭17匹(多点スッテ)らしいので、やはり釣れて無いみたいです。エギ1本ならまずまずという所です。

初めてライトスルメをやってみましたが、渋い時はシロイカと同様なテクがいります。

また、ティップに当たっていても、まったくフッキングしない事が多々あり、シロイカとはバイトの仕方が違うみたいです。

胴長24cmですが、スルメは凄く引くので、ネルフだとバットからブチ曲がります。シロイカ胴長40cm級の引きでした。

シロイカ同様、スッテよりエギの方が大きいのが来ます。

シマノ、ヤマリヤ協賛だったのと、つり情報誌の取材もあり、シマノのキャップ必着でした。
CA3A2343.JPG

シロイカのライトタックルで十分出来たし、スルメの方がよく引くので、非常に楽しめました。

また、行こっ!

2013-06-16 新潟県 柏崎 キシング アジング [go Niigata]

2013-06-16(日) 新潟県 柏崎 にて、キシング アジング に行ってきました。気温25℃、水温?℃(8:00~9:00、18:00~19:30)

もうアジは諦めて、キスを狙います。
CA3A2331.JPG

チョイ投げで釣れるだろうと、ショアライン近くのストラクチャー周りを狙いますが、No Bite・・・。

他の投げ師も釣れて無いので、早々に撤収。

ここで、KM君からチョイ投げでは釣れない情報を得て、夕マズメはとある突堤へ行きます。
CA3A2332.JPG

ここからなら、ショアラインから100m位は有ります。

パワーイソメの細いの付けて1投目、ボトム取ってからリール1回撒くとバイト!

キス特有のクンックンッと引きますが、フッキングしません。ワームもずれて来ます。

これは、いつもの通りで小さいキスみたいです。

ハニースポットが有ると思いさっきの場所を重点的に撃ってみますが、バイト無し・・・。

ちょっと移動しながら撃って行きますが、その後キスバイト無し・・・。

浮き釣りの餌師にアジが掛ったので、マゴバチのクリアーにしてリトリーブしますが、当然?アジのバイトも無し・・・。

暗くなったので、本日終了。

本日の結果、1バイト、ノーフィッシュ・・・。

で、今日の頑張ったルアーです。
CA3A2333.JPG
まあ、パワーイソメとマゴバチ1色だけですが。


これだけでは、淋しいので予告編でも。

釣具トミー主催のライトスルメイカに参加します。
ライト~2.JPG

シロイカ(ケンサキイカ)の外道でスルメは釣った事ありますが、メインターゲットは初めてです。

また、新潟のオフショアも初めてです。

タックルは、シロイカと全く同じです。
CA3A2334.JPG

このオフシーズンに1本追加しました。Zenaq Nerf S61 Squid です。ベイトのS63のスピニング版です。

これで、炎月テンヤ210Hとで最強の布陣です!

レアニウムには、エクスセンスのスプールにドンペペ0.4号200m入れます。

が、ライトと言ってもPE0.6号・錘40号がメインらしいです。水深は、50mくらいだそうです。

PE0.4号・錘20号ならいけるか、試してみます。

乞うご期待!!

2013-06-02 新潟県 柏崎 キシング アジング メバリング [go Niigata]

2013-06-02(日) 新潟県 柏崎 にて、キシング アジング メバリングに行ってきました。気温18℃、水温?℃(18:00~20:00)

夕マズメは、近場で攻めてみます。

日がまだ高いので、キシングから始めます。
CA3A2306.JPG

浮き止めスプリットとキス針で、パワーイソメで狙います。

この時期、波打ち際近くまで寄って来ているので、浅場のストラクチャー狙いで撃って行きます。

30分位撃ってみて、不発・・・。


続いて、アジングです。

サビキンガーさん達も、まったく釣れてません。ポツーン、ポツーンという感じです。

リグり直すのは面倒なので、ワームのみ変更してそのまま撃ちます。

まあ、予測通りと言いますか、想定内と言いますか、No Bite・・・。


日が完全に沈んだので、メバリングです。

が、めちゃくちゃ渋くて、ワームをローテしますが、No Bite・・・。

横で、SMさんがいいの掛けますが、根に入られます。

当たりが無くなる時間になったので、本日終了。

本日の結果、No Bite、No Fish・・・。

で、今日の頑張ったルアーです。
CA3A2307.JPG

また、トビウオ釣れないか、表層も撃ちましたがダメでした。KMくんは、ヒラメをGetしてました。

やっと題目変えてみましたが、3兎を追うものは、1兎をも得ず、で終わってしまいました。

2013-06-01 新潟県 出雲崎 寺泊 アジング [go Niigata]

2013-06-01(土) 新潟県 出雲崎 寺泊 にて、アジングに行ってきました。気温23→16℃、水温?℃(18:15~22:00、3:30~8:00)

柏崎では釣れないので、別の場所へ行ってみます。

まずは、夕マズメの出雲崎某所のテトラ帯です。
CA3A2302.JPG

ここは、尺アジは釣った事ないですが、アジングではアジを釣った事がある所です。

が、サビキンガーさんは、一人のみ。

そう、釣れて無いのでしょう。案の定、見ているとフグばかりで、アジは1匹のみ。

ずっと数えていたのか?と言われれば、ずっと数えていました。

そう、まったくバイト無いので、ずっと浮きが沈みこむか見ていました。

そう、フグのバイトはずーーとあって、チビフグなら50匹は着いて来ます(笑)。

日が沈んだので、場所移動します。


寺泊まで来ました。

先週は、サビキで尺アジ100匹!、アジングで30匹!とかの釣果だったようです。

期待を胸に去年来2度目の寺泊です。

常夜灯を回りますが、サビキンガーもアジンガーも誰も釣れてません。

まあ、地合いが合って無いのか、場所が合って無いのか、ちょこちょこ移動して撃ちまくりますが、

No Bite・・・。

帰ろうか悩みましたが、朝マズメ狙うために小休憩。


朝マズメになりました。


3時過ぎには既にサビキンガーさん達がベスポジ?らしき所に陣取ってます。

その横に入ります。
CA3A2303.JPG

暗い内は、サビキンガーさん達の浮きにも反応無く、時間が過ぎて行きます。

暗いので、判りませんがたまーーーに、アジが釣れているみたいです。

絶好の時間帯になっても、全くのNo Bite・・・。

4:30には、サビキンガーさん達は早々に撤収。さすが、見切りがいい。

そう、この時間を外すと釣れないという事です。

入れ替わりで、ジギンガーがいっぱい来ますが、誰も釣れません。


広い港内をうろうろしていると、稚鮎の大群が居て、たまーーに小さいイーターが水面で追いかけてます。

が、ワームには無反応。

あちこちうろうろして、何も釣れないし、日も高々とあがったので、へちで根魚を狙ってみます。

防波堤をねちねちやっていると、バイト!
CA3A2304.JPG
メバル18cm。

ケーソンの穴に、落とし込むとバイト!
CA3A2305.JPG
クジメ22cm。

今度は、フグもキャッチ(写真無し)。

周りの餌師達も、なーーーーんにも釣れて無いので、ちょい遠出終了。

本日の結果、メバル18cm1匹、クジメ22cm1匹、クサフグ18cm1匹。

えー、アジングですよー。今年は、チビアジも掛りません。キャロやスプリットでは、釣れません。

ジグヘッド単体は、余りやりませんが、そこに答えが有るのか?