So-net無料ブログ作成
検索選択

2010-11-27 新潟県 荒川 サーモン [go Niigata]

2010-11-27(土) 新潟県 荒川 にて、サーモンフィッシング に行ってきました。気温3→9℃、水温?℃(7:15~16:00)。

やって来ました、日本一の清流といわれる荒川。CA3A0609.JPG

抜群の透明度です。どうも最近は、渇水ぎみらしいです。
CA3A0612.JPG

今日は、凄腕餌師Sさん(中央)といっしょです。
CA3A0611.JPG

3日間入れようとしましたが、申込開始初日にして12/4はいっぱい。11/27と12/11に参戦です。
で、釣行記のその前に、タックルの準備です。まずは、ルアーです。ネットでの調査の結果、スプーン+タコベイトがスタンダード見たいです。

この様な、ものを買って、
CA3A0600.JPG

こんな風にします。詳細は、別のサイトでも見てください。
CA3A0601.JPG
14~21gのスプーンに、2.5~3号のタコベイト、有り合わせのヒラマサ針15号をPE5号でつないで2本セットします。レギュレーションで、シングル2本までです。

タックルは、

Rod:ダイコーDS832L(8.3ft.~20g)
Reel:Shimano Complex CI4 F6
Line:Shimano POWER PRO DEPTH-HUNTER CASTING 0.6号
Leader:安物 4号 

Rod:ダイコーJS-66C(6.6ft.~50g)
Reel:Shimano 03ツインパ5000HG
Line:PE 2号
Leader:銀鱗ナイロン 8号 

CA3A0610.JPG
あと、タモにギャフにスタジオオーシャンマークのオーシャングリップ2816(デカイ方)です。

シーバスロッドのデスペラードとオフショアキャスティングロッドのジャッカーです。どっちももう古いですね。

到着そうそう、準備してると目の前の餌師の方が掛けます。が、ライン切れ。開始前の説明会では、前日のキャッチ人数は、参加者の半分だそうですが、なんか釣れそうです。

到着がちょっと遅れ出遅れた感はありましたが、まあまあのポイントへ入れました。
開始1時間くらいして、Sさんから「来たよー」との声。すると、新調したダイワのサーモンロッドがぶち曲がってます。見ると、デッカい雄サーモンです。急いでタモ取りに行くと、フックオフ・・・。残念。本当にデカかった。

また、30分程してまた、Sさんの竿が曲がってます。今度はちょっと余裕です。タモ持って待っているとまたもやフックオフ・・・。

またまた、30分程してまた、Sさん掛けてます。今後は、余裕の竿さばきです。
CA3A0613.JPG

ゆっくり、弱るのを待ってます。
CA3A0614.JPG

サーモンロッドが、いい感じ!
CA3A0615.JPG

で、pが、タモでcatch。
CA3A0616.JPG

雄サーモン70cm、4kg!!!
餌師Sさん101127.jpg
掛り見ると結構浅いです。食性ではなく、排除行動なので、前2本も浅かったのでしょう。

で、自分は、一向に当たりすら有りません。昼食でちょっとだけ休憩して、Sさんと立ち位置変わってみます。
すると、またSさん掛けます。
CA3A0618.JPG
もう疲れているサーモンです。サイトで口の横にタコベイト来た時に、目印が動いた様です。ここで、かれこれ6時間近く投げ続けていたのに・・・。

何かが違う!?自分以外の上流3人、下流3人はみんな掛けてます。が、バラシも多いです。周りの餌師、フライマン、ルアーマンとジャンル問わず掛ってます。ですが、自分だけNo Bite・・・。

時節、目の前でジャンプしたり、回遊したり、岸際でネスト作りにオッポで砂利掘ってバシャバシャやったり、目の前でじっとしていたり、・・・
CA3A0619.JPG
太陽の移り込みの先端付近に70cm位のきれいなサーモンが居ます。見えるかな?

ボトムに居る事は判っていたので、朝からボトム狙いで5個もロストしてます。レギュレーションで16:00までと決まってます。15:00位に下流のフライマンが帰ります。その下流のルアーマンが結構掛けていたので、ちょっと下流へ行きます。といっても20m位です。

すると、この前はちょっと浅く、水押しも少ないです。下流ルアーマンを見ていると、ときどき根掛りをしてます。やはり、ボトムコンタクトしてます。サーモンがたまる様な地形ではなく、底も比較的なだらかで根掛りも最初の場所と比べて少ないです。下流ルアーマンも数時間に1匹づつですが掛けてます。

そうです。出来るだけボトムレンジキープして、居付きをイラつかせるか回遊待ちです。途中巡回スタッフの方に、メスは提出しなければならないので、報告するも釣れてないので、ルアーこれでいいか尋ねると、問題無いらしいが、21gではちょっと軽いらしい。軽くてもいいからゆっくり底を釣りなさいとアドバイス頂く。

メソッド、タックルは間違って無いので、ラスト1時間ボトムコンタクトし続けます。

だが、しかーし、16:00終了・・・。

One Thousand Casts、No Bite and No Fish・・・・。

か、か、完全試合達成ーーーー。

本日の結果、餌師Sさん6Hooking、4Catch!流石!

ルアーに関して、水押しの強い所では、タコベイト3号はバルキー過ぎて水流抵抗で浮いてしまいます。水押し量に応じてウエイトとボリュームを変更しなければなりません。次回、改善してリベンジします。

受付場所に戻って、配給されたゼッケンとベスト返却すると、ボウズの人は、くじ引いて当たりで村上市名物の塩引き鮭を貰えるとの事で、くじ引いて当たった?ので、有りがたく頂戴しました。
CA3A0620.JPG

こんな感じのお腹。
CA3A0622.JPG

厳つい顔。
CA3A0621.JPG

で、どうやって食べるの?

2010-11-14 新潟県 柏崎市 アジング [go Niigata]

2010-11-14(日) 新潟県 柏崎市 にて、アジング に行ってきました。気温10→17℃、水温?℃(5:30~16:30)。

エギンガー、ショアジギンガー、投げサビキンガーが集まるテトラへ行きます。日が出る前に行きましたが、早くも入る所があまり有りません。まあ、アジングなんでここならどこでもいいんですけどね。が、ここではアジングした事有りません。イーター狙いが常時居るって事は、Baitも居るという事でしょう。

先週、シラスパターンだったので、今日もマゴバチバブルガムピンクからスタートします。ジグヘッドキャロなので、シンカーを0.3~1号までいろいろ変えて表層から、ボトムバンプまでしますが、No Bite。バイトが有ると思うと、ヤツのせいで、ワームが半分になって帰って来ます。

で、結局No Fishのまま9:30で一旦終了・・・。

午後の部は、大きく場所を変えて、先週釣れたテトラ帯で13:00から再スタートします。
ここでも、状況変わらずNo Bite。且つ、ヤツの猛攻でワームが無くなって行きます。テトラ諦め、港内を攻めます。が、サビキンガーもコノシロ、サヨリのみでアジ釣れてません。

ヘチで何か釣れないか、ヘチに着いた海藻の下あたりをシェイクしたり、エイトアクションやったりすると、小さいガッシーの幼魚見たいなのが、バイトしますが、フックには掛りません。

そうこうしていると、何か吸盤の付いた足が、ちょろっと出て来ます。良くみると、体色を周りのカイメンと同じ色・形にしたタコです。ワームを近づけると抱いて来ますが、フックが小さすぎてフッキングしません。

ここで、シーバスタックル持ってきて、タコ釣り師の様に短い竿をまねて、グリップセクションのみで第一ガイドからナオリー2.2D垂らして、タコの目の前にエギを持って行きます。すると、Fish!
CA3A0599.JPG
マダコです。

他のタコ釣り師も同じようなマダコを釣ってます。ここには、結構マダコが居るようです。

昨日といい、今日といい、狙いのアジは釣れません。先週の爆釣はどうなってしまったのでしょうか?

来週末は、釣りお休みです。次回、遂にサーモンフィッシングレポートです。乞うご期待!!

2010-11-13 新潟県 柏崎市 アジング タチウオ [go Niigata]

2010-11-13(土) 新潟県 柏崎市 にて、アジング タチウオ に行ってきました。気温12→18℃、水温?℃(5:45~18:00)。

先週アジ釣れた場所へ行きます。が、激風、激波!!到底テトラへは行けません。それでも、突堤の波陰でやってみます。港内入口までうねりですごい流れです。で、浅いのか突堤回りは、サラシと濁りが発生してます。

その濁りの境界、港内チャンネル、駆け上がりを狙いますが、No Bite・・・。

港内の波の無い所へ、移動します。餌師も芳しく有りません。アジ釣れてません。コノシロかサヨリのみです。適当に餌師の間の空いている個所をラン&ガニングします。

これでも、No Bite・・・。仕舞にゃ、ヘチボトムバンプです。これで、テクトロしてると、ココッと当たります。で、Fish
CA3A0596.JPG
ヒラメ23cm。こんな港湾奥にも居ました。小さいので、こういう所に居るのですね。勿論リリース。

この後、場所移動です。今まで行った事の無い所をラン&ガンします。

がしかし、ことごとくNo Bite・・・。餌師にも聞きますが、豆アジ1匹とかです。

いろいろ探索しながらも、ここはサーフばかりなので、なかなかアジングポイントは有りません。
ところどころ、この波でもサーフでルアーマンを見ますが、釣れているのでしょうか?
シーバス、ヒラメ、コチもまた狙ってみましょうか。

夕方から、柏崎港へ行って港内でアジングしますが、No Bite・・・。
シーバスタックル後にサーモンタックルになるデスペラードにジグやミノー付けて、タチウオ狙いますが、No Bite・・・。

本日の結果、ヒラメ23cm1匹。

ラン&ガンして移動時間も有りますが、12時間やって1匹・・・。

まあ、ここでの初ヒラメなので良しとしよう。小さいけど・・・。

2010-11-07 新潟県 柏崎市 エギング ショアジギング アジング [go Niigata]

2010-11-07(日) 新潟県 柏崎市 にて、エギング ショアジギング アジング に行ってきました。気温9→17℃、水温?℃(5:45~18:15)。

今日は、今までやった事の無い所へ行きます。とあるテトラ帯でやります。大分気温も下がり、アオリイカもそろそろ釣れないらしいですが、一発大物狙いで暗い内はエギングします。

遠投するために、シーバスロッドのダイコーエスペラード+コンプレックスCI4でエギ3号で狙います。21gまで行けるロッドなので、3号エギだとかっ飛んで行きます。が、シーバスロッドでは非常にしゃくり難いです。とは言うもののエギング専用ロッドを振った事なないですが・・・。

勿論、No Bite・・・。

では、ショアジギングです。同じロッドで、ジグに付け替えてやります。こちらも、リトリーブは全く問題無いですが、なんせ長いのでジャカジャカ巻きはしんどいです。

底着後、高速ジャーク、ストップ、フォール、高速ジャーク、ストップ、フォールを繰り返していると、フォール中にコンッ、コンッと小さい当たりが有ります。すかさすHooking&Fish
CA3A0591.JPG
アジ12cm・・・。まじで、口に掛ってます。ちゃんと喰って来てます。

こんなデカイ(相対的に)ジグを喰ってくるとは!?この後は、No Bite。

が、という事は、アジが高活性という事か?直ぐアジングタックルTFL-63Sにマゴバチで攻めます。
数投後、後ろから人の気配がしたので振りかえると餌師Sさんがやって来ました。
話ししながら、リトリーブしているとコンッと当たりありFish!

なかなか小気味よい引きです。確実にアジです。で、アジ20cm。
遠投して、やはりフォール中にも喰って来ます。マゴバチのバブルガムピンクで、手前に来るとヤツにやられて半分になって来ます。そこで、ナチュラル(仲間内では通称ウンコちゃん?)に変えます。が、Bite有りません。フグをかわすため、ダイワのビームスティックのクリアーにするとまたBite有ります。

結構当たり20cm位~5cm位まで、キーパーもフック外している時に落としたりしながらポツポツ釣れます。
10時位になってBite無くなったので、場所移動です。先にSさんが、適当にどこか行きますと去ったのですが、こっちも適当に行ったらそこにSさん居ました。サヨリ釣ってました。
で、サヨリングです。また、ワームではセンシティブですが、サイトで何匹か掛けて時間を潰していました。

そうこうしていると、沖でナブラが立ちます。急いで、ショアジギングタックルを車まで取りに行き、ジグやらミノーやらトップやらをキャストしますが、喰いません。周りのショアジンギンガーも次々にジグをナブラやその沖にキャストしますが、みんなNo Fish。これは、例のパターンです(答えは後ほど)。

横のサビキンガーのファミリーにアジが掛り出しました。ナブラ諦め、アジング再開です。すると、小さいですが、ポツポツ釣れます。ここも、ビームスティックのクリアーにヒットします。自分の中では、圧倒的に釣れないワームの部類です(答えは後ほど)。

ここで、サイズアップ狙うべく、朝の場所に移動です。やはり、一発目から20cmUPがヒットします。数匹追加して日が沈むとぴたりと当たりが無くなります。もうちょっと粘りますが、この後No Bite。

今日の結果、アジ21~5cm22匹(内12匹リリース)、サヨリ20~17cm6匹。
CA3A0593.JPG

ここで、答え合わせです。
まず、ストマックチェックです。オキアミの個体と、シラスの個体がいます。シラスの方が多いです。

①ナブラで釣れない。
 シラス付きは、なかなか喰わないです。ナブラの状態も、ベイトが見えませんでした。

②ビームスティックで釣れた。
 ビームスティックは、フグには食いちぎられにくいですが、硬いのでマゴバチの方が圧倒的に釣れます。
 シラスがBaitだったので、クリヤーが良かったのでしょう。

③ウンコちゃんが釣れなくて、ピンクで釣れる。
 シラス付きでも、ピンクでは釣れます。クリアーグリッターグローでも釣れました。なぜか、ピンクは釣れます。
 改めてオンスタックルのHPを見ると、そのような事が書いてました。

いやー、魚の気持ちは判らん。

2010-11-06 新潟県 柏崎市 キス [go Niigata]

2010-11-06(土) 新潟県 柏崎市 にて、キッシング? に行ってきました。気温13→17→13℃、水温?℃(9:30~17:30)。

11/3(水)も海には行きましたが、ものすごい風です。堤防から波が越えてました。
CA3A0586.JPG
で、この日は釣りせず。

先週、ちょい投げでキスが釣れているという事で、サーフ横の突堤に行きます。
が、今日もすごい風で、突堤の端の方は波かぶります。波をよけながら、キャロライナリグに競技用キス針つけて、ワームはガルプが売ってなかったので、マルキューのスーパーイソメです。これもほぼ餌ですが、匂いはバスのワームと同じような匂いでいい香り?です。

しかし、波がきつくて突堤の波陰に投げると、底にゴミが溜まっていて釣りになりませんし、まっ茶っ茶です。で、仕方なく中層でアジでも来ないかリトリーブしていると、Fish
CA3A0587.JPG
シーバス19cm。柏崎での初シーです。

ここは、波がきついので波の無い埠頭へ行きます。ここは、キスポイントでは無いですが、アジ釣れないかやりますが、釣れません。餌師も豆アジがポツポツ程度です。川筋の浅瀬へ投げてみますが、No Bite・・・。ハゼでも釣れないかと思いテトラの陰を通すと反応有り、Fish!
CA3A0588.JPG
ハゼ18cm。釣れればなんでもいいので、テトラ際を撃って行きますが、3Bite程でNo Fish・・・。

ここは、キス居ないので別の突堤へ。こちらは、キス釣り餌師がいつも居る所です。底をズルズル引いていると、Biteが有りますが、乗りません。見るとワームが、半分になっています。ヤツです。当然、ヤツが居ます。

ワーム付け直して、コンッという小さいBiteを、電撃Hooking!
CA3A0589.JPG
クサフグ5cm。やはり、口には掛ってません。

この後、ヤツにワームを取られては付け直し、ヤツ釣れてはリリースを続けていると、明らかに違うBiteが!
すかさずHooking、そしてFish!クンックンッと小気味よい引きで、
CA3A0590.JPG
シロギス17cm。本日の本命がやっと釣れました。

この後、アジング時合いに埠頭に戻りいろいろワーム変えながらやりますが、No Bite・・・。

本日の結果、シーバス19cm1匹、ハゼ18cm1匹、シロギス17cm1匹、クサフグ11~5cm5匹。

まあー、なかなか狙ってターゲットをGetするのは難しいですねー。

2010-10-31 新潟県 柏崎市 アジング [go Niigata]

2010-10-31(日) 新潟県 柏崎市 にて、アジング に行ってきました。気温17℃、水温?℃(17:00~19:00)。

昨日の土曜日は、雨でお休み。今日は、夕マズメのいい所だけ狙ってみます。金曜日にデカイの逃がした所へ行きます。釣れないのか、エギンガーがあまり居ません。特等席へ入れたので、全方位へ撃って行きます。

フルキャストの沖目の中層付近をリトリーブしていると、小さい当たりでFish
CA3A0585.JPG
アジ10cm。柏崎での初アジです。小さいですが・・・。

この後、テトラ帯を撃ちまわりますが、No Bite・・・。で、場所移動。

エギ激ロストポイントです。ここは、根があるのでアジも居るはずです。
根掛りしない様に、上から中層以上を順に狙っていきますが、No Bite・・・。

この時間帯外したら、あまりアジは喰ってこないので、諦めて本日は早めに終了。

まあ、アジングで狙ってアジ釣れたので良しとしましょう。何時かは、ここで尺アジ釣ってやるーーーー。

2010-10-29 新潟県 柏崎市 エギング [go Niigata]

2010-10-29(金) 新潟県 柏崎市 にて、エギング に行ってきました。気温10℃、水温?℃(20:00~25:00)。

先週末は、釣れませんでしたが今週はどうでしょうか?気温が大分下がってきて望み薄ですが・・・。
先週金曜日に釣れた所でやります。2時間振りますが、No Bite・・・。先週、カンナ折れたナオリー2.2Dをロスト・・・。

で、場所移動。テトラです。ここでは釣った事無いですが、実績有る場所見たいです。
エギングは、No Bite。アオリイカ釣れません。で、アジングへ。ジグヘッドキャロで、トップからボトムまで全レンジ、全方位を攻めますが、かすりもしません。1時間くらいして、コンッと小さい当たり、すかさずフッキングしFish!

結構抵抗しながらもよって来ます。もうそろそろ海面かなと思い、ヘッドライト照らすと猛スピードで潜って行きます。ドラグがジーーーッと出た所で、止めようとロッドをあおるとフッと軽くなります。ジグヘッドのアイの所から切れていそうです。実はこのリグ、ロスト後結んだ時、アイの付け根にラインが回った状態で結んでしまって、引っ張って強度有る事確認していたのですが、アイのエッジで切れた模様・・・。不覚・・・・。横着はいけません。引きの強さから、30cmオーバーの魚でしょう。アジかシーバスかメバルか・・・。この後、No Bite・・・。

場所移動して、うろうろします。外灯の有る所を見てみると、水面近くにベイトが居るみたいです。その下にフィッシュイーターがいると思い投げます。いろいろやっていると、小さいBiteと共にFish!
CA3A0584.JPG
コノシロ10cmです。ニードルフライを喰って来ました。これでまた、TFL-63Sで釣れた魚種が増えました。

この後、何事も無く終了・・・。

今日の結果、コノシロ1匹のみ・・・。

逃がした魚は、やはり大きかった・・・。

2010-10-24 新潟県 柏崎市 エギング [go Niigata]

2010-10-24(日) 新潟県 柏崎市 にて、エギング に行ってきました。気温14℃、水温?℃(6:00~8:30、17:20~18:00)。

昨日の夜、No Bite + エギ4個もロストした場所が、本当に釣れないのか確かめに行きます。ナオリー2.2Dでやりますが、No Bite。この2.2Dは、10g位と重くTFL-63Sではフルキャスト出来ませんが、比重が大きく速く沈みます。また、底着時も良く分かります。が、サイトで確認すると、やはり沈降スピードはかなり速く、イカが反応示すか疑問。活性が高いといいが、じっくり見せて的な使い方は難しそう。

で、ショアジギングへチェンジ。タックルは、デスペラードとコンプレックスのコンビです。既報タコタックルorサーモンタックルです。これで、無名の安ジク20g位を投げます。ショアジギでも基本オフショアと同じで、高速ジャークです。キャスト、底着、ジャカジャカ10回、ストップ、フォール、ジャカジャカ10回を繰り返します。8.3ftのシーバスロッドでは、操作がシャープにはし難いです。

ショアジギンガーには、こういうショートピッチ系のアクションをあまり見ません。やはりロッドが長いのでやりにくいのでしょう。が、オフショアの経験上、ロングジャークより誘い効力は高いと思います。

そうこうしていると、開始数投でストップと同時にFish!タチウオが釣れていたそうなのですが、ちょっと引きが違います。足元までよせると、ツバスでした。水面近くで、引き抜きしようか、車からタモ出そうか迷っていると、Hook off・・・。まあ、いいか次、と思い投げますが、音信不通。

と、水面がバシャとなったので見ると、ダツが豆アジを追ってます。TFL-63Sのエギをトラウト用5cmミノー(名前忘れた)に付け替えて、表層近くをトゥイッチしていると、ガツッとFish!ググッとちょっと走った所で、Hook off。ダツは、びっくりしてシイラみたいに飛びながら去って行きます・・・。周りの餌師達も釣れて無さそうなので、場所移動。

イイダコポイントです。ここでもしゃくってみますが、No Bite。で、当然底ズルズルでイイダコ狙いますが、こちらもNo Bite・・・。午前の部終了・・・。

午後の部、夕方からイイダコ食べたくて、また狙います。比較的浅いので、ときどきしゃくっていると水面からエギが飛んで出ます。暗くなってから、エギ位置判らずしゃくっているとエギが水面から飛んで出て、顔めがけて飛んできます。すかさずかわしましたが、首の後ろにHooking!?パーカーのフードに刺さっていて見えないので、無理やり取ろうとするとポキッ!!カンナ折れました。
CA3A0582.JPG

バーブ無いので、引いたら取れると思ってましたが、ガッツリ掛ってます。写真は、家で撮影。
CA3A0583.JPG
で、直ぐに雨が降ってきて終了。

今日の結果、Hook offのみ・・・。

え?魚の写真が無いのはさみしい?

では、兵庫県某所 でのエギングでCatchしたヒイカ爆釣Photoでもどうぞ・・・・・。
CA3A0017.JPG

これも、TFL-63Sです。