So-net無料ブログ作成

2016-06-18 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2016-06-18(土) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温25℃、水温?℃(17:00~19:50)

サーフでアジが釣れている情報を得て行ってみます。
DSC_0001s.jpg

波が1.5m位合って、投げても波のブレイクの向こうこ届きません。

ので、場所移動して前回と同じ所です。

写真見れば判りますが、ラインを変えました。ラピノバX0.3号からピンキー0.2号です。

以前34ロッドにピンキーのタックルをKMさんに借りてみたら、超絶な感度に感動しましたが、シュパッと投げると投げ切れしました。

扱いに神経使いうので、いままで使って居ませんでした。

が、6/12に長岡での用事のついでに、上州屋に行ってみると、34ロッドの展示会をしていました。

プロトの2ピースもあって、色々触りまくりました。説明は、34の営業部長のFYさんが説明下さって、非常に良く判りました。

初期の34はやたらと張りのあるバットの硬いロッドでしたが、プロトは、ティップがメバルロッドばりの柔らかさです。

リールがセットされリグも付いていたので、机の上にジグヘッドを置いて、コンッと来る感度を確認すると、超絶です。

これは、そこそこ高弾性のティップのはずですので、35tですかと聞くと、そうでした。

なぜここまで柔らかいのか聞くと、新円では無く見た目判らない位にオーバルにしているそうです。

うーーん、やるな!

でも2ピースです。なぜ、ワンピにしないのか聞くと、やはり携行性だそうです。ワンピは歩留まりが悪いからですかと聞くと、そうでもないらしいです。2ピと変わらないそうです。

ピンキーの話になって、リーダーとの結びは、簡易エイトノットだそうで、実際に実演したりやらせてもらったりして、そこそこ強度も出る事が判りました。

ピンキー0.2号でデカイマダイも獲ったそうです。

投げ切れの話になって、バサーが良くやるティップで加速付けて投げると切れるそうです。

試しに、展示してあるロッドで、店の駐車場で投げさせて貰って、そこそこ飛びました。

結構、柔らかいラインです。

この後、サビキ師のコマセまみれの場所での釣り方になって、やはり、コマセやアミをイミテートするには、ラメという事で、これは判ってました。その対策リグで、34のメデューサのクリアラメのヘッドを短くしたものをセットしてました。

釣り方は、やはりコマセが漂う層を狙うのですが、潮の加減に左右されるため、タナは比較的バラバラになり易く、魚もバラける傾向の様です。

カーボンの巻きの話や、中国工場の話や、釣り方の話などなど、結構な時間しゃべってました。

たまたま、お客さんが少なかったので。

で、ピンキーを試す事になったわけです。

この場所は、サーフ絡みで沖は砂地ですが、足元には藻が有ります。

藻に絡むと、一撃で切れます。

PE0.3号なら、フック伸ばしながらでも回収出来ますが、根掛り、投げ切れで3投に1回切れます・・・。

簡易エイトノットの組み方も悪かったみたいで、ちゃんと組むとそこそこ持つように。

では、釣果です。
DSC_0002s.jpg
DSC_0003s.jpg
DSC_0004s.jpg
DSC_0005s.jpg
DSC_0006s.jpg
DSC_0007s.jpg
DSC_0008s.jpg
DSC_0009s.jpg
DSC_0010s.jpg


本日の結果、メバル10~18cm5匹、アジ12~20cm10匹、アナハゼ15cm1匹、シーバス40cm1匹、ヒラメ20cm1匹。

五目釣り達成です。

流石にシーバスは抜けないので、ネットランディングです。

ピンキーは、細い事もあってPE並みには飛びますが、フルキャストはちょっと怖いです。

根掛りの多い所は、避けた方が良さそうです。

でも、感度は抜群で、豆アジがワームをつつくだけのバイトも良く判ります。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0