So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016-12-18 新潟県 キューピットバレースキー場 [Ski & Snowboard]

2016-12-18(日) 新潟県 キューピットバレイスキー場 に行ってきました。気温-1.0℃。

DSC_0309s.jpg

今回はいい天気です。

が、まだまだ雪は少なく、ところどころ下地が見えてます。

で、まだまだ乗り方が判らず、中途半端なバンク角ではエッジの噛んでいる感じが無く、不安定です。

リフト2本目で、右足ステップインががっちり入りません。

良く見ると、ヒールの固定L字部分が断絶してます!!!


仕方ないので、レンタル場に行ってアルペンあるか聞いてみますが、今は?ないそうです。

仕方ないので、スキーレンタルします。

で、
DSC_0310s.jpg

フィッシャーRC4 SL155  なんとレース板があるではないですか!!!!

聞けば、ショップが運営しているそうで、試乗品や売れ残りが回ってくるそうです。

最近の板は、ウエストが70mm近いのばかりなので、70mm以下でラディアス12mくらいと言えば、これが出てきました。

当然ブーツもレンタルです。アトミックのバックルが2個しかないやつです。一番堅いのを頼みました。

そこそこフィッティングもよく、飛ばしてもブーツがつぶれる事も無く、最近のレンタルは恐るべしです。

RC4は昔試乗した事があり、なんとかフリクエンシーの表面がなみなみの時は、やたらパリパリした板でしたが、その後かなりしなやかになりました。すると、凄い人気が出て、みんなRC4みたいな年もありました。

10年位前の話です。

この板は、調べてませんが、10年以内のものみたいです。

操作性は抜群で、ウエスト65mmR12mでバッチリ好みです。トップは穴が開いていて、テールは、スワローテールになってます。

これで、回転モーメントが小さくなっているので、フロント軽快性が、自分のフォルクルより断然いいです。

これ欲しい!!


と、その前にSGを乗りこなさなければ。

破損部です。
DSC_0311s.jpg

穴の開いているプレートがビン解放レバーの元で、そのカーブの奥の部分が切れてます。

下が、正常です。
DSC_0312s.jpg

外した部品です。
DSC_0313s.jpg

右側が断絶してます・・・・。

ネジが少し緩んで、振動から金属疲労で破損したようです。

このビンを移植する時、ネジの緩みを全部確認したのに、これです。

寿命だったのでしょか。

このステップイン部分は、SHR製で、Mプロトとは互換性が有ります。

予備のビンはあるので、次のビンどうするか暫く考えます。

2016-12-17 新潟県 キューピットバレースキー場  [Ski & Snowboard]

2016-12-17(土) 新潟県 キューピットバレイスキー場 に行ってきました。気温-1.0℃。

滑走の前に、ソールカバー買いました。
DSC_0234s.jpg
DSC_0235s.jpg
DSC_0236s.jpg

ハンマーヘッド仕様ではないですが、イケました。
DSC_0237s.jpg

チューンナップ室では、周りからの委託を含めて、スキー4セット、ボード6セットをチューンしました。
DSC_0297s.jpg

ヘッドのボードは、ソールがエクストルーデッドでなかなかサンディングで綺麗にならず、2時間掛ってようやくワキシングに移ったら、全然吸わないし。

後から調べて、エクストルーデッドソールと判りました。これは、手強い。

ボードが1本写真に映って無いですが、移動しました。


で、滑りました。
DSC_0308s.jpg

ようやく雪が積もってオープンです。まだ、人が少ないです。

で、この板、乗り方が判らず、全然エッジが噛みません。

ビベル失敗したかと思うくらい、ドリドリがし易いです。

フロントもノーズロッカーのせいか、噛んだ感じがしません。

うーーーん、この板失敗か!!

もっと乗り込んでみます。

2016-12-04 新潟県 柏崎 ショアジギング フィネス [go Niigata]

2016-12-04(日) 新潟県 柏崎 にて、ショアジギング フィネスに行ってきました。気温15℃、水温?℃(11:00~15:00)

約半年ぶりの新潟の海です。
DSC_0299s.jpg

このサーフにカタクチイワシが沸いていて、イナダやサゴシやサーモン!まで釣れたそうで、行ってみました。

が、ベイトがそうそう居る訳では無く、無反応が続きます。

で、
DSC_0300s.jpg

と、こんなのが打ち上げられています。

サーフは諦めて、テトラ絡みの場所に移動します。

ここでも、ジグにはノーバイト。粘っているジガーにサゴシが掛りますが、こっちは全然です。

諦めてフィネスします。

が、フグの猛攻でワームが次々にやられます。

で、釣ってやりました。
DSC_0301s.jpg

もう一匹フグ追加して、根魚いないかテトラの隙間にワーム入れていきます。

すると、テトラの表面の藻の中からバイト!
DSC_0302s.jpg

まあ、これくらいですかね。

本日の結果、クサフグ15~18cm2匹、アナハゼ16cm1匹。

今年は、結構忙しく全然釣りには行けなかったです。恒例の荒川サーモンもパスです。

今年最後の釣行ですね。

雪山シーズンになれば、ボード三昧です。



2016-11-29 スノーボード追加2 [Ski & Snowboard]

スノーボードは、何を追加したかと言うと、

SG SNOWBOARDS FULL RACE 157(2013~2014)

DSC_0011s.jpg

なかなか、中古市場には、出てこなかったです。

ソチ五輪モデルです。2013年モデルと比較して、ノーズロッカーを押さえて、キャンバー形状が見直されているそうです。

PRO TEAM には、RED BULL が本来書かれているのですが、オリンピックのスポンサーの関係で、2014のレタリックがレッドブル風に書かれています。

中古なので、ソールには傷が、そこそこあります。
DSC_0018s.jpg

1本目のSGと同じく、完璧にリペアします。
DSC_0019s.jpg

傷跡が判らないくらいに、きれいに仕上がりました。

1本目との比較です。
DSC_0086s.jpg

長さは同じですが、ハンマーヘッドなので、有効エッジ長がかなり長いです。

安定性が増すはずです。テールはちょっと細めなので、フロントでアールを決めて、下へ落としていくタイプっぽいです。

ノーズロッカーは、こんな感じ。
DSC_0087s.jpg

判り難いですが、遠近性を考慮しても前足の所からフラットに上がってます。

たぶん倒しこみ初期の喰いつきは、今のより弱いでしょう。

前に圧を掛けて、一挙に倒しこむのがいいみたいです。たぶん。

シーズンに試乗した他社レース板は、1本目SGよりフロントがかなり分厚く、その分フロントの張りがありました。

が、このフルレースは、1本目とそんなに厚みが変わりません。フロントがしなやかなはずです。たぶん。

夏場に、しこたまワキシングしました。

その前に、エッジは、ビベル0.5~1°、サイド88°に仕上げます。

全面に番手を変えながら、サンディング(当然手動)して、ワックス入れます。

SWIX  CH10  0~10℃  4回
BRIKO BKR  -10~-3℃  6回
SWIX  CH8  -12~-6℃  12回
SWIX  LF8   -4~1℃   3回

夏に入れると、冷えにくいので良く溶けて、アイロン温度を下げ気味でも伸ばしやすいです。

これに、NOT WAXのZARDOZとエッジワックスの侍入れて完成です。

DSC_0088s.jpg

こんだけやたったら、良く滑るでしょう。

2016-10-30 スノーボード追加 [Ski & Snowboard]

最近ブログをアップしていないのは、釣りに行っていないからです。

お盆の鳥取シロイカ以来、柏崎ではほんとに釣りしてないです。なかなか忙しいのと、釣果が芳しくないので、情報も集めて無く週末は家にこもりっきりでした。

そしたら、ストレス溜まってポチッとしてしまいました。

まあ、実は買ったのはもっと前ですが・・・。

シーズン試乗したら、やっぱりメタルボードが欲しくて年々体力が落ちていく中、乗るなら今しかないと物色してました。

物色する事、数か月。やっとお目当ての物がヤフオクに出てきました。

「追加」として「新調」としなかったのは、当然中古で手に入れたからです。

前振りが長かったですが、買ったのはこれです。

DSC_0011s.jpg

遂に手中にした、SGのメタルボードです!!

2016-09-30 Shimano Stella SW 5000XG [Reel Shimano]

リールについて、書こうと思います。

ステラSW5000XGです。
DSC_0224s.jpg

13SWステラは、14000XGについで2機目です。

98ステラ6000Hが殉職したので、世代交代です。

今はシロイカ用ですが、明らかにオーバースペックです。将来的には、ジギングやキャスティングに使えるので汎用性は、近海では非常に高いです。

13ステラは、5000XGも例にもれず歴代ステラからするとノーテンション時での巻きが重いです。

ハイギアだからではありません。防水性をUPさせたパッキンが要因でしょう。たぶん。

DSC_0225s.jpg

5000系は、03ツインパを持っていますが、大きさやはり同じです。

こうして見ると、逆転レバーは無いし、ハンドルもごつくなってます。

剛性上げるため、逆転が省かれ、ハンドルが太くなってます。

超大物(400kgマグロとか)狙う際に、フルドラグにてベールの付け根が曲がったり、ハンドルが折れたりしたそうなので、前機より強度を上げた様です。

そのため、重くなってます。

中型機以下は、ここまでいらないと思いますが、耐久性はいいでしょう。ひずまないので。

ハンドルは、ノーマルでアルミのドリルドが付いてます。
DSC_0226s.jpg

ツインパは、エルゴノミックハンドルです。14000XGもエルゴでした。

14000XGの時も書きましたが、円形のハンドルノブは使い難いです。

自分は、肘を張ってリールボディーと垂直にハンドル握って、肘を支点に(肘を動かさず)ハンドルを回すので、エルゴは掴みやすいです。

円形がいい人の回し方は、ハンドルをパームして(円形ハンドルの平らな部分を手のひらにあてて)、腕がリールボディーと平行になる様に、肘も円運動させて、ハンドルを回します。

さて、なぜこうなるのでしょうか?

最近判明したのですが、4スタンス理論から解釈出来ます。

4スタンス理論は、ググってください。

自分は、A1なので、肘の付近のみぞおちが動かない重心のとり方なので、肘を動かさない方が、力が入ります。

ので、上記の巻き方になります。

こう考えると、リールの開発者のくせがハンドル形状に影響を及ぼしていると考えられます。

まあ、円形でも使えない事はないので、いいですけどね。アルミノブの方が、軽量かもしれないし。


最近、週末に釣りに行けてないので、9月のネタなくリールの事書いてます。

このブログで、ステラ14000XGのアクセス数は、釣行記より多いです。

普通に使うなら、ツインパで十分ですが、やっぱりフラッグシップは使ってみたいものです。

しかし、今手持ちの13SWステラは、出番が少なく、コスパはすこぶる良くありません・・・。

2016-08-14 鳥取県 鳥取港沖 シロイカオフショアエギング [go Tottori]

2016-08-14(日) 鳥取県 鳥取港沖にて、シロイカオフショアエギング に行ってきました。気温37→25℃、水温?℃(23:30~5:30)

今年初のオフショアです。GWは、行けなかったのと、関西にGW以降帰ってないので、今年初にして最後の鳥取オフショアでしょう。

今日は、MDさんと二人で2便に参戦です。

DSC_0079s.jpg

ジャンケンで勝って右舷トモをゲットです。

去年爆発のパターンですが、近況では多くて平均50匹くらいだそうです。

今年から、この遊魚船は親子2隻体制になり、今日はジュニア艇です。

1便は、平均40匹だったそうなので、目標50匹です。

水深70mラインから始めます。アンカーなので、結構流れます。

久々にタックルのおさらいです。

去年から、超高速ハイギアリアクションバイトメソッド対応のセッティングです。

ロッド   : シマノ 炎月一つテンヤマダイ210H(5~12号)
リール : シマノ 13ステラSW5000XG
ライン  : ダイワ エメラルダスセンサー+Si PE0.6号210m 
リーダー: メイン3号+サブ3号(両フロロ)
リグ   : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘    : 釣れるんです蛍光ホゴ錘丸型25号

ロッド  : ゼナック NERF V61S Squid(Max80g)
リール  : シマノ  03ツインパワーSW5000HG
ライン  : ダイワ エメラルダスセンサー+Si PE0.6号210m
リーダー: メイン3号+サブ3号(両フロロ)
リグ   : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘    : 釣れるんです蛍光ホゴ錘丸型25号

ロッド  : ゼナック NERF V63B Squid(Max80g)
リール  : シマノ 09メタニウムMg (マグネット改+エイテックカーボンEVAハンドル51mm) 
ライン  : ダイワ エメラルダスセンサーホワイト+Si PE0.5号150m 
リーダー: メイン3号+サブ3号(両フロロ)
リグ   : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘    : 釣れるんです蛍光ホゴ錘丸型25号

ロッド  : ゼナック ASSAUT GAHOUJIN AG-86Accura(Max3.5号)
リール  : シマノ レアニウムCI4+ C3000HG
ライン  : ダイワ エメラルダスセンサーホワイト+Si PE0.5号150m 
リーダー: メイン3号+サブ3号(両フロロ)
リグ   : エギ1.8~2.5号、スッテ2~2.5号
錘    : 釣れるんです蛍光ホゴ錘丸型25号

去年普通のエギングロッドの人がよく釣れていた事があったので、アキュラも持って行きます。

台風一過でちょっとうねりが有ります。

まず、ボトムから始めます。1投目からヒット!

爆釣かと思いきや、この後続かす、上まで探って行きます。

50mライン位を狙いますが、当たりが非常に少ないです。

船長指示で、サイドボトムから攻めます。これも当たり非常に小さかったり、ガンッとあっても乗らなかったり。

このパターンは、数が少なく、且つ小さいのが多く、且つ大きいのは警戒心が強いです。

触って直ぐに離します。

色んなサイズ、色を頻繁にローテします。

しかし、3匹連続が限界で5回スルーしてこなかったら、ローテです。

水深が深いので、2投流で1本投げてホールしている最中に、もう一本でしゃくります。

結局パターンが一定せず、炎月とNERF V61Sしか使わなかったです。

ハイギアリールで、巻いてアクションさせるので、堅くて長いエギングロッドでしゃくるのと同じ原理なので、エギングロッドは不要でした。

朝マズメにちょっとラッシュがあって、納竿ラスト1投にヒットして本日終了。

本日の結果、シロイカ胴長15~25cm21匹。

DSC_0080s.jpg

ちょっとダメダメでした。MDさんでも20匹です。こっちは2投流で、1.5倍はしゃくっています。

10人で平均15匹前後、ミヨシの2人の方が、41と38匹でまずまず。

船長曰く、30匹越えたら上出来な状況でした。

今日は、アンカーで固定して、イカが灯りに着かず、流れに乗って群れがミヨシから入って来ていたみたいで、高活性な個体をミヨシで釣られたみたいです。

流れが速い場合は、ミヨシで潮上へキャストし、バーチカルになってからアクションすると良く釣れます。今日は、このパターンだった様です。

お盆前に柏崎でSMさんが、シロイカ釣りに船で出てイカメタル+ドロッパーで25匹釣れたそうです。

今年は、新潟でもそこそこ釣れてるみたいです。

時間が有れば、新潟でもやってみます。


新潟から兵庫へ600km、兵庫から高知へ400km走って、釣果ハリセンボン1匹。
高知から兵庫へ400km、兵庫から鳥取へ120km走って、釣果シロイカ21匹。
徹夜で釣って鳥取から兵庫へ120km、次の日兵庫から新潟へ600km。

お盆休みは、2240km走って、ぱっとしない釣果でした。

2016-08-11~13 高知県 柏島 シュノーケリング アジング エギング [go Kouchi]

2016-08-11(木)~13(土) 高知県 柏島 にて、シュノーケリング アジング エギングに行ってきました。気温33℃、水温?℃(14:00~17:00、6:00~7:30、6:00~7:30)

久々の柏島です。子供が、ニモ(カクレクマノミ)を見たいというので、車で行けるニモポイントという事で柏島です。

道中、四万十市内で、四万十川でとれたゴリ、手長エビ、川のりの入った定食食べてから、柏島入りです。

DSC_0022s.jpg

これ、プラスチックのみで出来たタックルです。

ダイソーで、アヒル釣りのおもちゃで驚愕の¥100です!

左ハンドルにしたり、ヒモ→ラインに変えたり、ガイドのバリを獲ったりとチューンしてます。

これにジグヘッドワーム付けて、シュノーケリングしながら釣りをします!!

ニモ(カクレクマノミ)は、居ませんがクマノミなら居ます。これを狙いますが、見向きもしません・・・。
P8121036s.jpg
水中撮影用カメラで撮影。

他の魚も狙います。しかし、突っつきますが、バイトしません・・・。

では、きれいな魚達をどうぞ。
P8121040s.jpg
P8121042s.jpg
P8121052s.jpg

結局、シュノーケリングフィッシングでは、No Fish・・・。

網や素手でとった獲物達です。
P8121060s.jpg
ハリセンボンやまんじゅうみたいなカニやヤドカリなどです。

で、シマアジなどを民宿で頂き、1日目終了。
DSC_0025s.jpg


2日目の朝です。
DSC_0033s.jpg

ちゃんとしたアジングタックルでやります。
DSC_0034-1s.jpg

オヤピッチャがバイトしますが、フッキングしません。

透明度が高く、丸見えです。

ベラやエソが近づいて来ますが、バイトに至りません。

すると、何か黒いものが付いてきます。

アオリイカです!!!

総数にして20匹以上、胴長20cm位のまで居ます!!!

ワームにバイトして引っ張りますが、フッキングしません。いくら送り込んでも駄目でした・・・。

後で橋の上からみたら、アオリがワサーと浮遊していました。

そして粘る事遂に、
DSC_0042s.jpg

GT47kg!!!


更に、
DSC_0043s.jpg

アカメ31.5kg!!!

とそんな訳も無く・・・。本日も、No Fish・・・。

これは、民宿にあった魚拓です。ご主人の知人が、モリで突いたそうです。

GTは、室戸で結構北の方ですが、居るんですね。ルアーで室戸で釣れたのは、聞いた事がないです。

アカメは、浦戸湾だそうです。大きいアカメは、浦戸湾か仁淀川などの河口やサーフで釣れます。

昔は、狙いに行ったりしましたが、アカメは釣った事がないです。アカメ釣れないので、オーストラリアのケアンズまでバラマンディ釣りに行きましたが、これも釣れず・・・。


3日目の朝です。
DSC_0047s.jpg

今日も、海はきれいです。
DSC_0048s.jpg

昨日、食料を買いだしに行った酒屋さんに、スッテが売っていたので、ゲット。

浮きスッテだったので、錘をキャロで固定して、キャスト。

が、アオリイカの群れはどこかに行ってしまって、No Bite・・・。

ハリセンボンが、浮いていますが昨日も散々攻めて無視されました。

ので、口元直撃で突っついた時にフッキング、Fish!!
DSC_0051s.jpg

ネットランディングしたら、膨れました。

ほとんど引っかけたみたいなものですが・・・。

プクー
DSC_0052s.jpg

プクー
DSC_0053s.jpg

本日の結果、ハリセンボン20cm1匹。

3日間で、これ1匹です。

久々の柏島でしたが、10年以上ぶりに来てみたら、魚の量が減ってました。

前は、もっとイソギンチャクやクマノミが居たし、足元にハリセンボンやウツボまで居ました。

帰り道の道の駅で、カツオタタキバーガー食べて帰りました。
DSC_0059s.jpg

これ、おいしいのでお勧めです。

2016-06-26 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2016-06-26(日) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温23℃、水温?℃(17:00~19:00)

堅くいつもの場所に行ってみます。
DSC_0014s.jpg

ピンキーにも大分慣れましたが、やっぱり藻にでも根がかると簡単に切れます。

ここは、まだ日が高い内に活性が高いです。
DSC_0015s.jpg
DSC_0016s.jpg
DSC_0017s.jpg

ちょっと暗くなると、極端にバイトが減るので本日終了。

本日の結果、アジ14~19cm15匹、メバル13~16cm2匹。

だんだんアジの大きさが小さくなり、釣り難くなって来ます。

2016-06-18 新潟県 柏崎 アジング [go Niigata]

2016-06-18(土) 新潟県 柏崎 にて、アジングに行ってきました。気温25℃、水温?℃(17:00~19:50)

サーフでアジが釣れている情報を得て行ってみます。
DSC_0001s.jpg

波が1.5m位合って、投げても波のブレイクの向こうこ届きません。

ので、場所移動して前回と同じ所です。

写真見れば判りますが、ラインを変えました。ラピノバX0.3号からピンキー0.2号です。

以前34ロッドにピンキーのタックルをKMさんに借りてみたら、超絶な感度に感動しましたが、シュパッと投げると投げ切れしました。

扱いに神経使いうので、いままで使って居ませんでした。

が、6/12に長岡での用事のついでに、上州屋に行ってみると、34ロッドの展示会をしていました。

プロトの2ピースもあって、色々触りまくりました。説明は、34の営業部長のFYさんが説明下さって、非常に良く判りました。

初期の34はやたらと張りのあるバットの硬いロッドでしたが、プロトは、ティップがメバルロッドばりの柔らかさです。

リールがセットされリグも付いていたので、机の上にジグヘッドを置いて、コンッと来る感度を確認すると、超絶です。

これは、そこそこ高弾性のティップのはずですので、35tですかと聞くと、そうでした。

なぜここまで柔らかいのか聞くと、新円では無く見た目判らない位にオーバルにしているそうです。

うーーん、やるな!

でも2ピースです。なぜ、ワンピにしないのか聞くと、やはり携行性だそうです。ワンピは歩留まりが悪いからですかと聞くと、そうでもないらしいです。2ピと変わらないそうです。

ピンキーの話になって、リーダーとの結びは、簡易エイトノットだそうで、実際に実演したりやらせてもらったりして、そこそこ強度も出る事が判りました。

ピンキー0.2号でデカイマダイも獲ったそうです。

投げ切れの話になって、バサーが良くやるティップで加速付けて投げると切れるそうです。

試しに、展示してあるロッドで、店の駐車場で投げさせて貰って、そこそこ飛びました。

結構、柔らかいラインです。

この後、サビキ師のコマセまみれの場所での釣り方になって、やはり、コマセやアミをイミテートするには、ラメという事で、これは判ってました。その対策リグで、34のメデューサのクリアラメのヘッドを短くしたものをセットしてました。

釣り方は、やはりコマセが漂う層を狙うのですが、潮の加減に左右されるため、タナは比較的バラバラになり易く、魚もバラける傾向の様です。

カーボンの巻きの話や、中国工場の話や、釣り方の話などなど、結構な時間しゃべってました。

たまたま、お客さんが少なかったので。

で、ピンキーを試す事になったわけです。

この場所は、サーフ絡みで沖は砂地ですが、足元には藻が有ります。

藻に絡むと、一撃で切れます。

PE0.3号なら、フック伸ばしながらでも回収出来ますが、根掛り、投げ切れで3投に1回切れます・・・。

簡易エイトノットの組み方も悪かったみたいで、ちゃんと組むとそこそこ持つように。

では、釣果です。
DSC_0002s.jpg
DSC_0003s.jpg
DSC_0004s.jpg
DSC_0005s.jpg
DSC_0006s.jpg
DSC_0007s.jpg
DSC_0008s.jpg
DSC_0009s.jpg
DSC_0010s.jpg


本日の結果、メバル10~18cm5匹、アジ12~20cm10匹、アナハゼ15cm1匹、シーバス40cm1匹、ヒラメ20cm1匹。

五目釣り達成です。

流石にシーバスは抜けないので、ネットランディングです。

ピンキーは、細い事もあってPE並みには飛びますが、フルキャストはちょっと怖いです。

根掛りの多い所は、避けた方が良さそうです。

でも、感度は抜群で、豆アジがワームをつつくだけのバイトも良く判ります。

前の10件 | -